TOP > 政治・経済 > 昔ながらの容器で価格競争と環境問題に対抗 「下仁田納豆」が教えてくれる日本の食の未来 | ニッポン 食の遺餐探訪 | ダイヤモンド・オンライン

昔ながらの容器で価格競争と環境問題に対抗 「下仁田納豆」が教えてくれる日本の食の未来 | ニッポン 食の遺餐探訪 | ダイヤモンド・オンライン

下仁田ネギで有名な群馬県下仁田町にある『下仁田納豆』は昔ながらの経木納豆を製造している会社だ。社長の南都さんは大手企業に就職し、働きはじめたものの、都会での生活に迷いも生じはじめ、21年前に実家の納豆...

ツイッターのコメント(13)

もぎ豆腐屋つうか三之助豆腐の名前を記事中に見るとか、嬉しいな。
ドラマだと納豆屋さんが情けなく見えちゃうが、2代目は相当努力されてると思うよ😥
下仁田納豆が美味しかった
「下仁田納豆」が教えてくれる日本の食の未来|ニッポン 食の遺餐探訪|
ふと、
うん十年前に、バイクに納豆の箱を乗せて「なーーーっとーー」と美声で売りに来ていた下仁田納豆を思い出してしまったのですよ…
今でも三角にくるまれた納豆を見かけると、なんとも言えない ちょっといい気持ちになる(*´ω`*)
ここ、南蛇井近くの254沿いのお店か!何度かチャリで前通ったことあるで
「下仁田納豆」が教えてくれる日本の食の未来。
南都社長さまが『納豆』について語ってくれています。
群馬特産だった経木を使う
納豆にみりんやオリーヴオイルもありなのか。今度やってみようかな。オール地元の強みとして材料の調達のしやすさもあるのか。
群馬県下仁田町にある『下仁田納豆』は昔ながらの経木納豆を製造している。百貨店などの高級スーパーの棚に三角形に包まれたパッケージを見かける事も多い。
食べてみたい、そして地元の企業さんなので応援したい! /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR