「慢性疲労症候群」の脳内に広範囲の炎症を発見!“怠け”と誤解される異常な疲れとの因果関係|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

疲れが他の人より強い。外から見ると、怠けているだけにみえる。なのに検査しても異常が見られない――かねてから「引きこもり」状態との因果関係の1つとして指摘されているのが、慢性疲労症候群だ。

ツイッターのコメント(67)

"「負荷などを回復させるには睡眠はとても大事です。そこが障害されると脳としては戻らないままになる。休みが取れないまま、脳がずっと動いていく状態…」

 つまり、ケガをしている箇所をずっと触り続けていると、なかなか良くならないようなイメージだ。"
自分の体調が思うようにならないと、いろいろ調べたくなるよね〜。
医者にかかっても「ストレスですね!(明確な原因が分からん)」みたいな対応をされると不安も余計に大きくなるってもんだし。

こんな記事を見つけた中に自分が該当する部分が散見するので、専門機関を探そ。
| うつ、ストレス、不眠 | 健康 | ダイヤモンド・オンライン
免疫細胞のタンパク質数を
PET検査で調べるとわかる
寝不足や疲れをためると副腎に負担がかかります
副腎はストレスコントロールをしてくれる臓器です

疲れの蓄積→副腎でストレス調整→さらに疲れの蓄積→副腎でストレス調整ができなくなる→脳疲労になってしまいます

疲れやストレスがなぜ悪いかと言うと脳に悪いからです
| うつ、ストレス、不眠 | 健康 | ダイヤモンド・オンライン
色んなのがある…!
 
PR
PR