TOP > 政治・経済 > 地域で異なる子どもの医療費助成制度 22歳まで医療費が無料の自治体もある|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

地域で異なる子どもの医療費助成制度 22歳まで医療費が無料の自治体もある|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

16コメント 登録日時:2014-01-31 12:17 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

Aさん夫婦には、現在、小学校6年と3年の女の子がいる。長女が今年4月に中学生になるのに合わせて、神奈川県横浜市にマンションを購入。昨年12月に、東京都千代田区から引っ越してきた。区役所で転居手続きをして驚いたのが、子どもの医療費助成制度の違いだ。...

Twitterのコメント(16)

自治体によって大きく異なる子どもの医療費助成制度、こういった取り組みは地方自治体に丸投げではなく国がすべきでは?
@mama01786807 @ayano4883 そうだそうだ!でも、5千円で死ぬぐらいだったら医療費ただの自治体あるから引っ越した方がいいよ♡
子供向けの医療助成も介護保険みたいに全国一律にしてほしいよ。住んでるところで違うんだよ。
@tomshirai 調べたら、日本って住んでいる自治体によって子供の医療費すでに無料の所もあったり、補助がばらばらなのね。それにしても安くてびっくり!
22歳まで医療費が無料の自治体(北海道の南富良野町)もある @dol_editors
国は子供人口減の中、子供医療費が減らず対策中も、明石の事例もあり、「子は国の宝」の発想がもっと必要!
この手の苦情はたまにありますね。11月からが怖い(°Д°)
探せばあるかもしれないけど(昔ちょっと見た気がする)、全国の自治体の現状を一覧したいな。かなり差があるのは間違いない> 22歳まで医療費が無料の自治体もある
TLでチラッと話題になったので・・・。うちの自治体はワケあって18歳だけど、元は15歳だったはずだから、恵まれている方なのよね。 ◆ 22歳まで医療費が無料の自治体もある|ダイヤモンド・オンライン
22歳まで医療費が無料の自治体もある|知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴|ダイヤモンド・オンライン

知らない人意外と多そう。
22歳まで医療費が無料の自治体もある|知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴|ダイヤモンド・オンライン 横浜市は東京に比べると子育てに優しくないのです。
子どもの医療費助成が15歳迄の自治体が多いですが、高校進学率が98%程で18歳までの就学が一般的という現状を鑑み、各自治体で18歳までの助成を検討すべきかと。
ずいぶん違うんだ~

22歳まで医療費が無料の自治体もある
『医療費助成制度は、自治体で行う事業という位置づけなので 、国から明確な予算はついていない』 > 22歳まで医療費が無料の自治体もある|ダイヤモンド・オンライン
ワクチンも学生の間は公費支援対象にしてほしい。今は接種機会を逃すと自費。

RT @dol_editors: 地域で異なる子どもの医療費助成制度 22歳まで医療費が無料の自治体もある - 知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴
地域で異なる子どもの医療費助成制度。22歳まで医療費が無料の自治体もあるので、まずは自治体の医療費助成を調べてみよう。【ダイヤモンド社】1/31
以上

記事本文: 地域で異なる子どもの医療費助成制度 22歳まで医療費が無料の自治体もある|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

関連記事