TOP > 政治・経済 > 「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

80コメント 登録日時:2013-12-26 00:40 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

今年も、弱き者たちの悲劇が相次いだ。中でも、当連載で取り上げた生活保護申請をしながらも断られ、餓死をした大阪府31歳の女性については、「他人事とは思えない」という、彼女と同じ立場にいる人たちからのメールが後を絶たない。...

Twitterのコメント(80)

<他人事とは思えず、メールすることにしました> 
そんな書き出しのメールをくれたのは、首都圏に住む…
| ダイヤモンド・オンライン
@eastnishibori もう一度貼っておきます。
冷酷非情な日本

生活保護申請をしながらも断られ、餓死をした大阪府31歳の女性
相談に行っても役所は弱い者や生活困窮者に「死ね」というが如くの扱いをする
刑務所だって娯楽がきっとあるのに、保護受給者が映画見ちゃいけないという主張、貧しい考え方だなって思う。
NHK はこういう取材すれば良かったのにしなかった。テレ朝の擁護といい、色々疑いたくなる
今回の反貧困ネットワークの声明の問題は、相対的貧困をクローズアップするあまりに絶対的貧困が軽んじられる可能性がある。
あの手この手で申請させない役所は誰のためにあるのか?!
いまは仕事が見つけにくいから失業したら餓死まっしぐらになる可能性がある。
こわい
やっぱり鬱でも保護通らないんだ 通った日本人はラッキーだよね
ほんとこういうの読んでると、人生キレたもん勝ちだと思う。おかしいことはおかしいってちゃんと主張しないと、自分や家族のことを守ってくれる人なんて自分以外にいないんだからさ。
自分は幸いここまで追い込まれていないけど他人事とは思えない。役所には役所の切実な立場もあると思うけど。どちらを優先したいのか、した方がいいのか。ダイアモンドオンライン 「もう役所には行きたくない」 生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち
"1人で役所の窓口に行くのは死ぬ思いだったことだと思います。本当に気力がない人は、1人では役所に行けません"→
「貧乏は恥ずかしい」という意識を行政がばらまく。貧しいことに負い目を感じ、恥の意識により貧困が不可視化されるわけだ。/
福祉を充実させる話になると、「そんなことしたら誰も働かなくなる」という人がいますが、誰でも生活に困ったら生活保護申請に出かけられる訳ではないRT@conisshow: 生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち @dol_editors
今年の漢字、「輪」ですか。どこまでおめでたいのだろう。 /
“ 「国民保険料払ってないけど、大丈夫?生活苦しいの?ゴハン食べられてる?」”
個別の記事の一面だけ拾ってもしょうがなくね?
正直、それで?という思いしかない
だから生活保護など止めてBIにすべき >
「相談に行っても役所の対応に腹が立ちます。弱い者や生活困窮者に「死ね」というが如くの扱いをする。もう、こんな冷酷非情な日本になど頼ろうと思っていません」。
やはり定期的にある生活困窮の話。セーフティネットの情報提供というの大事だと思う。最後には面白そうなイベントも⇒
「本当につらい人は、親しい人や家族にさえ、何も言えない」
妹さんの通帳持って来て、家族は面倒みれないのか。働けないほど病気なのか。@ceron_jp: [54link] 「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち| ”
生活保護受給を考えざるを得ない段階で精神的にかなり追い込まれているはず。そのことを考えて役所は対応してほしいし、加害者になりうることを自覚してほしい。 / “「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|「引…”
何故か末尾の告知欄に「皇居マラソン」の告知が(笑)。記事と関係ないという突っ込みはなしですね!
そろそろ、かわいそうな人とろくでなしの二極論はやめにしないか。 RT @dol_editors [注目記事]「もう役所には行きたくない」 生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち - 「引きこもり」するオトナたち
自己主張できない人が後回しにされる問題。ケースワーカーが足りないしなあ。 /
>この記事を見る経営者はどう思うのでしょうか。少なくとも「うちで雇う」とは言わないでしょうね。
誰のための福祉なのかよく分からなくなってきたね。 公助以外の共助や互助が本当に必要な時代なのかも知れない。 RT @dol_editors: 「もう役所には行きたくない」 生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち -
自治体の職員が保護費着服したり暴力団にも受給させてる癖に本当に困窮して申請する人には死ねが如く扱いする
健康で文化的な生活を送れる寮、みたいのがあればいいと思う。生活保護に至るまでのハードルが弱者には高すぎる。 / “「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オン…”
何故か日本人は得辛く外国人の方が簡単に得られるという現状 -
生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち
本当につらい人は、親しい人や家族にさえ、何も言えない。周囲は、介入が必要だと思ったら状況を聞いて、情報を提供したり、人脈を紹介したりすることも必要だ。
全然裏とってないだろ、この記事。 /
働けず金がなくアテもない人間が受ける、尊厳を剥ぎ取るがごとき「圧迫面接」。今やこの国は戦後の悲劇も忘れて、傷病者に「死ね」と突きつけている。これが先人が守りたかった日本かね? / “「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で…”
生活保護の国庫負担を100%にするだけで地方自治体の水際作戦は改善される気がするんだけどなぁ / “「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモ…”
【“輪”なんてペテンですよ】に共感。オランダみたいに生活保護その他支給簡単すぎるのもどうかと思うけど、同じ国に住む人間が飢死(寸前)みたいなことないのはマル!
たとえ適正な審査の下で支給されていたとしても、財源には限りがあるわけだから、そもそも論でいえばセーフティネットに引っ掛かる母数自体を減らす方向であらゆる手を打つべきなんだろうと綺麗事を言ってみる / “「もう役所には行きたくない」…”
不正受給にはすごい厳しいのに、不正不給付には甘い。 /
こういう記事を書くくらいだったら、生活保護申請のしくみがどうで、どうすれば申請が通りやすいか、落ちそうなポイントはどこかを書いたほうがいいですよね。 就職と違って「手続き」なんだから。 受付の人を責めるみたいな記事やめてあげて欲しい
受給の可不可は調査して決めればいい。調査精度は制度側が調整すべきもの。絶対に申請段階で弾いてはいけないね / “「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンラ…”
「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち 「“輪”なんてペテンですよ。私にとっての1文字は“死”とか“絶”です」当事者たちの多くは今、今年を象徴する五輪狂騒曲を、むなしく眺めている
<どうか私のような者がいることを世間一般に知らしめてください> RT 「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン @dol_editors
コレで症状増悪したら、たまらん
ちなみにこの役所の対応は法律上問題大有りなわけですが、マスコミと国民がなあ。 /
法改正では入り口を狭くして出口を手厚くした。「北風と太陽」。うーむ、増えるかも。 /
読んでほしい記事⇒
在日とえせ同和枠はずせば:
この問題って現受給者の審査をもう一度きちんとし直さない限り…∞
セーフティーネットってなんだろうね。あと役場の人間は基本的にクズ /
本当にケースワーカーさんの当たり外れは大きい。自己裁量でやって下さる方も。/ 生活保護の取材記事も難しい。貧乏自慢にすると、自分はそこまでではないからと申請しない人が出てきそう。と一抹の不安。 「もう役所には行きたくない」生活保護申…
生きていくという事はそれだけの覚悟が必要であることは皆知るところなのに、どうして屈辱のショックを受け入れることが出来ないのだろう…。役所に金をもらうも親知人に金を施してもらうも基本的に一緒なのに。 /
>>>役所職員の対応事例。自分でできることをやってみたか、まだ方法があるならばやってみよう。なんだけど。。。
職員がバックオフィスで管理職に「申請者を働かせることはできなかったのですか」「家族に援助させる働きかけが不足してます」 管理職が市長に(略「前年より支出が増えてます。税収は減ってるのに」 / “「もう役所には行きたくない」生活保護…”
実際現場担当によりけり、自治体によりけり。中途半端はこういう事態を招くので、家を捨てて行き倒れになって病院かかって行旅病人とかになった方が安全だったりするのだろうか。 / “「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する…”
ちなみに、生活保護を申請する時には審査があるといつも行っている福祉施設のスタッフが教えてくれました。 /
「本当につらい人は、親しい人や家族にさえ、何も言えない。」
結局職員ではなく、職員がそういう行動を取る理由を除去していくしかないが、逆の流れなのがなんとも /
m9(;゜Д゜)つ<解決方法=働け!
コミュ障には「健康で文化的な最低限度の生活」が困難という現実 /
「もう役所には行きたくない」絶望する困窮者たち 社会に迷惑かけて申し訳ないと思わないの?まあ本当に困って死にそうなら助けてやらないこともないがウソついてないかキッチリ調べさせろよ、みたいな空気をよしとする美しくない国is日本
こういうの QT @hahaguma: 「上から目線の話し方で、「仕事ができないほどの病気ですか」等々言われているうちに、貧乏がこれほど恥ずかしく、世の中のお荷物なんだと実感させられ、生きていても仕方がないんではと思わせられました。」
以前、確定申告の時に何度入力してもエラーが出るので役所の人を呼んだら結構大きい声で「これ、収入が少なすぎるからですよ」と言われて入る穴を掘りたくなったことがある。 /
【「引きこもり」するオトナたち】「役所には行きたくない」生活保護申請で絶望する困窮者
 今年も弱者の悲劇が相次いだ。生活保護申請を断られ餓死をした大阪の女性については「他人事とは思えない」と同じ立場にいる人からのメールが後を絶たない。
自分の事だからやれよと他人事感覚で突き放す人には永遠に理解できん話題だろうね。
こういうことをどう考え、何をするのかが課題なんだろうなぁ・・・ 今の日本。

他の国々にも貧困の問題はあるけど、国によって文化や価値観が違うから、日本は日本で考えて行かないとって思う。...
切り捨てられる貧困層。
@dol_editors: [新着記事]「もう役所には行きたくない」 生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち - ”
窓口で強く出られるぐらいの交渉力ならそもそも仕事も頼れる人もなくどうしようもないみたいな状況に陥りにくいのではないかと思うので、そういう入口のとこをマッチョ向けのつくりにしてはいかんということでは /
役所の窓口がダメな人は、ハローワークとかもっといえば自分の親族との対応もあまりうまく出来なさそうな印象。窓口で交渉したりするのも社会生活に必要な能力なので、リハビリ的な訓練があった方がいいのかも。 /
「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オン�...
役所に対する考え方まで歪ませるような社会は絶対に居心地が悪い。→
「その後、妹からは、「もう役所には行きたくない」と言われた。自分も、あの状態をもう1度、経験するほどの勇気が出ないという」こういう役所の対応が役所への再訪を阻み、そしておそらく餓死者を出したのだ。 /
ライフラインを止められても、トイレを外でして、何とか生きつないでいる。
- 「引きこもり」するオトナたち: 今年も、弱き者たちの悲劇が相次いだ。中でも、当連載で取り上げた生活保護申請をしながらも断られ、餓死をした大阪府31歳...
以上

記事本文: 「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

関連記事