TOP > 政治・経済 > 権力者はやりたい放題、国民の義務ばかりが増える 日本人が知らない自民党憲法改正案の意義とリスク――小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く | シリーズ・日本のアジェンダ 「憲法改正」でどう変わる?日本と日本人 | ダイヤモンド・オンライン

権力者はやりたい放題、国民の義務ばかりが増える 日本人が知らない自民党憲法改正案の意義とリスク――小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く | シリーズ・日本のアジェンダ 「憲法改正」でどう変わる?日本と日本人 | ダイヤモンド・オンライン

昨年4月に「日本国憲法改正草案」を発表した自民党が、先の参院選で大勝し、憲法改正が現実味を帯びてきた。かねてより議論を呼んできた自民党の改正案の中身と課題は、どんなものか。護憲的改憲派の小林節・慶應大学教授に聞いた。...

ツイッターのコメント(205)

@otakulawyer 小林節氏は以前「集団的自衛権は合憲。内閣は解釈改憲を」と主張していました。そして著書「憲法守って国滅ぶ」では国民の憲法遵守義務や憲法秩序に反する政党の禁止を提唱しています。
意見を変えるなら,以前の主張が法学的にどう間違っていたのか説明してほしいものです。
(2013年)自民党の改正案は「法は道徳に踏み込まず」という世界の常識を逸脱している。自民党で憲法論議をしている人たちは、教養がないのではないかと疑ってしまいますね /
小林節、改名、小林変節の歴史❗(笑)
【質問】小林先生が5月26日に国会憲法審査会で「私が言ったとは到底信じられない。確認の上、削除する」と仰られた記事 が残っています。そこから考えるとやはり発言は事実で、現在の主張と矛盾されていたのでは?@SetsuKobayashi
13年の記事だけど、12年の改憲草案はまだ取り下げられてないので参考になる記事だと思う。後で読む。
「『家族仲良し法』ができて
仲の悪い夫婦が罰せられる」

まるでイスラム国の法律…
いい記事で大事な問題点たくさんつかんでる記事だと思うけど、ヘタすりゃマツモトヒトシがああ言ったこう言ったなんて方が世の注目浴びそうな時代
@poco003 @SetsuKobayashi 政府の解釈は偏向できる、という見出しからも日本の集団的自衛権のことだということは明白ですけどねー。ちなみに2013年にも同じ趣旨の発言してますよー。小林節の変節wwww
2013年当時、小林節先生はハッキリと
「集団的自衛権は含まれる」
「解釈変更すべき」
と述べられています。↓↓↓
ここでは集団的自衛権認めてるんだよな
@gishigaku しかしながら、この記事では解釈改憲を容認してるのですよね。国会で質問されて削除させると言っていたものの消えてないですし。   「だから、改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。」
小林節の出馬はそれとして、国会に参考人として出た際に指摘されて「私がそんな事言ったとは信じられない、確認の上削除します」(大意)と答えてたダイヤモンド・オンラインの集団的自衛権解釈変更容認のインタビュー記事、まだ消されてないのね。
Diamond Onlineの記事。9から10ページが秀逸。2014年の閣議決定の1年前、2015年の安保法の2年前には、小林節は両方とも「合憲」と言っていた。この間に何が彼を変節させたのだろう。
(左翼だから)自民党の改正案は「法は道徳に踏み込まず」という世界の常識を逸脱している。自民党で憲法論議をしている人たちは、教養がないのではないかと疑ってしまいますね /
しかも長谷部教授と並んで最も目立っていた小林節教授は、3年前の雑誌の取材で、「『日本は集団的自衛権を持っている』と解釈を変更すべきと主張していた。その同じ口が、今、解釈改憲はあり得ない、アベ政治を許さないとやっている。まるでドリフだ。
ダイヤモンド・オンライン 小林節教授には是非この記事の釈明をお願いしたいところだなー。
4.
全文はこちらで

――小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く
>政府は(略)集団的自衛権を自らの解釈で自制していますが(略)集団的自衛権は、他国の侵略を牽制する意味においてもメリットがあります。だから、改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう(小林節)
@babi_sano @mizusumashi21 なるほど。ということは、2年前に解釈変更して集団的自衛権を認めるべきだと言っていた小林自ら憲法違反をしていたわけか
日本人が知らない自民党憲法改正案の意義とリスク――小林節教授に聞く|「憲法改正」でどう変わる?日本と日本人|ダイヤモンド・オンライン
たまたま小林節さんのインタビュー記事 を発見したから読んでいたんだけど面白かったな。もし法学部なら1度は必読。特に読むべきなのは9ページ、10ページだな。小林さんは安倍首相の説明と平和安全法制をちゃんと認めているね。
@ipreserch548 @Sophee71



小林節インタビュー
小林節先生は二重人格なのでしょうか?
これの下半分の文章最高に面白い。
自民党の訳わからん説明よりこの↓話の方がスンナリ理解できる。
やっぱり安倍さんはポンコツ親分!
@HuffPostJapan ケンポー学者は、集団的自衛権も自衛隊も違憲だとする人が多いみたいですね。集団的自衛権を合憲だという人は、慶應義塾大学の小林節教授くらいでしょうか?
@konishihiroyuki 小西くん!両論併記しないとな!ミスリードする事になるだろ!
お前の大好きな小林節教授の見解
★ご都合主義の憲法学者:小林節慶應"不名誉"教授。曲がりなりにも”学者”の末席に座するものとして、どういう思考プロセスで変説したかを学問的に真摯に説明すべきでしょ(笑) 学生にはそう言ってたくせに。
「政府は自国の自衛権の存在を認めています…自衛権を持つ独立主権国家が『個別的自衛権』と『集団的自衛権』の両方を持っていると考えるのは、国際法の常識です」「改めて『日本は集団的自衛権を持っている』と解釈を変更するべき」2年前の小林節
憲法学者の小林節って、安保法制反対派の前面に立ってるように見えたけど、現憲法下での集団的自衛権を容認してるじゃないか。制約としての国連議決や国会決議も「念のため」とか言ってるし。
>小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く
日本人が知らない自民党憲法改正案の意義とリスク―小林節・慶大法学部教授に聞く 「憲法改正」でどう変わる?日本と日本人|ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン: 小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く 2年前までばっちり言うてはるね。
2年前までは小林センセイって、こんな感じだったのにね。曲がる路地間違えたのかな?
この人も今言っていることと違うような…特に8~10ページ参照。: 小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く|シリーズ・日本のアジェンダ
二年前のインタビュー。

ダイヤモンド・オンライン 2013年7月26日
必読/ 日本人が知らない自民党憲法改正案の意義とリスク――小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く|シリーズ・日本のアジェンダ 「憲法改正」でどう変わる?日本と日本人|ダイヤモンド・オンライン
コバセツは自民党に重用されていたころに、「何か」を見たんだな。そしてコバセツがみたであろう「何か」のおよそお話にならないオカルトさやファナティックさに気づいたのだろう /
小林節先生!本当にそのとおりですね

集団的自衛権は、他国の侵略を牽制する意味においてもメリットがあります。だから、改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。
憲法学者の小林節先生は大変いい事おっしゃってるじゃないですか。
憲法違反と言い放った小林節・慶應義塾大学法学部教授のインタビューを見ると平和安全法制の重要性がよく分かる。ダイヤモンド・オンライ
これかぁ、小林氏が集団的自衛権を認めてるって話。安保がーの方々は触れられたくなかろう。
小林節・慶應義塾大学法学部教授に聞く|シリーズ・日本のアジェンダ
小林節氏聞く|シリーズ・日本のアジェンダ
「「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。」と一昨年宣う
だから、改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。

小林節先生が2013年に語っておられました。
安保法制反対派の急先鋒、小林節・慶應義塾大学法学部教授は2年前、「『日本は集団的自衛権を持っている』と解釈を変更するべき」とダイヤモンド社の取材に答えていた。
小林節先生のお話→「個別的自衛権」と「集団的自衛権」の両方を持っていると考えるのは国際法の常識、「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべき、憲法を改正しなくても、集団的自衛権は現段階でも解釈次第で行使することができる。
小林先生、アウト!

> 自衛権を持つ独立主権国家が「個別的自衛権」と「集団的自衛権」の両方を持っていると考えるのは、国際法の常識です。
> 改めて「日本は集団的自衛権を持っている」と解釈を変更するべきでしょう。
もっと見る (残り約155件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR