台湾有事を招きかねない米議会「台湾政策法案」、日本の最悪シナリオとは | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(11)

こんなの簡単な話でさ(・ิω・ิ)
台湾は他国国境が近すぎるのy
それぞれが敵の基地を叩けばいい話で。(ぁ
>日本としては、もし2022年台湾政策法が制定されることになれば、米国との距離を置いて、曖昧だが中庸を得た現状維持に努めるしかないだろう。
"もし米国が台湾の独立を支援するということで出兵すれば、ウクライナ侵攻と同じ形になる。"
アメリカが大事にしていることはなんなのか。日米安保はどうなるのか、岸田政権はどういう立場を表明するのか。
新たな米軍基地計画を強行する姿勢を貫くのか

台湾有事を招きかねない米議会「台湾政策法案」|
いよいよ 緊張が高まります。

を招きかねない米議会「台湾政策法案」、日本の最悪シナリオとは |
「もし米国が台湾の独立を支援するということで出兵すれば、ウクライナ侵攻と同じ形になる。
 さらに自衛隊が米軍に協力すれば、ウクライナ侵攻でロシアに協力しているベラルーシの役割を日本が演じることになる」
日中平和友好条約?
ミサイル打ち込んできた時点で見直しでしょ。個人的には破棄で。
台湾と中共、
どっちがリスク大きいか明らか。
何処のメディア?そもそも中国が台湾を諦めれば良い!
ペロシ下院議長訪台以来、チャイナからの八つ当たりは少なくないが、最近の二週間収めそうだ。でも、米国の台湾政策法案は、今年に入ると皆んな知ってた議案なのに、今週米国会再開なので、注目された。
以上
 
PR
PR