NTTは「55歳で年収3割減」の役職定年、富士通・NECは廃止も新制度はよりシビアに | 中高年の給料激減!主要企業のデータ初公開!大企業の5割導入 役職定年の悲哀 | ダイヤモンド・オンライン

「55歳で担当部長なら年収3割減」など、一定の年齢で一律に役職を外される役職定年制度。IT業界での適用状況は、NTTグル...

ツイッターのコメント(20)

働かんのなら役職いらんでしょ?

と言うかそもそも大企業での役職は何のためなんだ?
再定義すべき。
自分自身で生きていく力を身に付けなければ!と、40歳過ぎてよく考えるようになりました。

| 中高年の給料激減!大企業の5割導入 役職定年の悲哀 | ダイヤモンド・オンライン
70歳定年制も採用する企業が出てきている中ですが

|
→年齢一律の待遇変更は会社にとってもマイナス。能力に合った待遇を!
大企業でも結構世知辛い。
とはいえブラック企業と比べると全然ましなんでしょうが。
少し前に多くの会社で役職定年があると知った。
自分の場合、転職など含めても会社員として働くのは後5年程度かもなぁその後は、社長と言うよりフリーランスって感じになりそうな。
今から役定がコワイ。
役職定年とは「55歳で担当部長なら年収3割減」というような、中高年向けの人事制度だ。実際、NTTグループ、ソフトバンクでは、制度が温存されていて最大で30%下がるケースもある。一方、SIer(システムインテグレーター)系のNEC、富士通では役職定年制度は廃止となったが、
サービス残業と下請け泣かしが増えそうですね。日本型実力主義はやる気をなくす方にいく!

|
55歳で年収3割減で(しかも技術力無しで。多分)放り出されるとか改めて怖すぎる。。実際中にいるときヒラの窓際おじさんがドナドナされていくの見てたからな。。
あのおじさん達は退職金でなんとか?これからの世代は。。。。安定とは。。
上場企業は、シビアだし、あとこれこら大量の退職金問題やら双方に悲哀は続く。
役職定年にあたるのはバブル期入社世代で55歳まで同じ会社に勤めてる方は5割程度。横並びで何年目にどの役職の環境より、すでに転職やリストラですでに適正給与になってると。55歳で給与が大幅に下るのを煽るのは、大手企業の終身雇用組に対してでしょう。
まぁいわゆる……にゃーん(社会性フィルター)
これが、
平均給与ダウン企業利益アップの原因

まあ
上蓋が多すぎて下が支えられない日本の縮図だが

ジョブ型雇用待った無し。
NTTでは社員は役員でなければ55歳前後で役職定年を迎える。その時点で給料は3割ほど下がり、職場が変わる。職能ランクにより行き先は変わり、大部分が子会社に移るほか、主要取引先に出向する
投稿時間:2022-08-01 06:13:30
以上
 
PR
PR