M&A仲介最大手「日本M&Aセンター」が不正会計、その売り上げ至上主義の実態とは | 倒産のニューノーマル | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(72)

2022年03月02日 23時01分
売上至上主義の会社でよく見かける光景。これで上場維持されたらまた黒歴史。>>
構図としては東芝の時と同じで「トップ圧力による不正会計」。

以下、「へー」な事実

・売上高347億円、営業利益は153億円
・M&A仲介業は許認可が不要で参入障壁が低い。
・売り手・買い手の両方から手数料を取り面白いように儲かる。
実は、この会社に応募したことあるんだよね。普通に落ちたけど🤗
そして、株も買ってたこともある。すでに売ったけど💸
仲介とFA(どっちも入った経験として)、ポジショントークになってしまうけど

入社するときもFA選ぶし
自分が社長だとしてもFAに依頼する

>
M&A仲介業界の一端が伺い知れる記事。記事の内容自体は上場会社にありがちな四半期決算の業績プレッシャーによる売上不正計上だが、案件を早期にクロージングするために、売手が異常な安値で会社を手放してしまう等のトラブルが起きている事と無縁とは思えない。
これはアカン
三宅社長、やっちまったなぁ……。同社が行うデューデリの信憑性がガタ落ちするんだろうなぁ。
昭和時代の証券会社と同じ。終わりのはじまり。
根が深い不正体質。
かんぽ生命のように不正の連鎖は止まらないだろう。
先週くらいにこの会社のトップが威勢良いインタビュー受けてた記憶があるがね。

-----
 
PR
PR