中国が「三人っ子政策」に走る危機感と裏腹に、人口減少が止まらない理由 | 今週のキーワード 真壁昭夫 | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(12)

「三人っ子政策」だってよ⁉️
バカの1つ覚え。
日本はもっと深刻。何故なら政府与党議員に危機感が見られず(そもそも国の存続に関わる最重要課題と解っていない?)無策だから!
中国の記事ですが日本が現在進行形に失敗している内容ですね。
少子高齢化はわかりやすい政治経済の失敗の結果ですね。
中国は日本の後を追うのか。日本には独裁という点で中国の後を追いたい者がいる。
もはや資本主義国の中国が起点の恐慌は無いと思うが。
生産性の低い産業の人口多いからまだまだ成長するだろ。
少子化が進むと中国ならエロ漫画みたいなトンデモ策を見せてくれるのを期待してる。
「共産党政権は「共同富裕」を強化するなどして、成長を目指す企業家よりも、先行きを不安視する民衆に寄り添う姿勢を示さざるを得なくなる」⇒中国共産党の生き残りのため成長は犠牲にする
「中国の少子高齢化は、年金システムなど社会福祉面での不安を増幅することが懸念される。子供を産んで育てるよりも、自分の老後の生活のために節約と貯蓄を重視する人が増えるかもしれない。」

|
21年度の中国の合計特殊出生率は1.1~1.2程度と推計される。日本の出生率(1.31)より低い。
→「三人っ子政策」よりも制限撤廃の方が印象が良い。
そのうち、「子供が少ない夫婦は強制収容するのでそこで子作りに励め」とかやるかもしれんぞ。
CSIS主導で近くの極東アジアの島国に負の一極集中が進んでいる間は中国は大丈夫だろう。問題は日本列島民なる富の源泉が尽きたとき。
投稿時間:2022-01-25 05:27:36
以上
 
PR
PR