渡辺名人が激白!「AI活用が常識」の将棋界で一流と二流を分けるもの | 入山章栄×超一流対談 | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(8)

| 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン
ちょっとFXに似てる

「盤上の相手だけではなく、年間を通して対局する上位棋士30人と同時に戦っているイメージです。『Aさんに対してこの戦法でいったら、Dさんはこういう風に研究してくるな』と、 (中略)プロ棋士同士で会話はしなくても、腹の探り合いをしているのです」
渡辺明名人「AIは『この手が最善』と示してくれますが、その理由までは教えてくれません。そのため歩兵一つにしても、なぜその位置に置くとAIの評価スコアが高いのかを納得できるまで考えます。『なぜ』をクリアできないと、その戦法は使えないのです」
すべての棋士がAIで学んでいるので、一般的に「悪手(望ましくない手)」とされている手を意図的に指すなど、あえて「最善手」を避けることで相手を困惑させる技術がある。

AIの手の『なぜ』をクリアできないと、その戦法は使えない
そこわかるんは、明はすげーな。

| 入山章栄×超一流対談 | ダイヤモンド・オンライン
じゃあ「なぜ」に答えてくれるAI作ろう
将棋ソフトは そもそもAIじゃないでしょ。その「なぜ」を答えられたりするのがAIなんじやね?
以上
 
PR
PR