自分らしく死を迎えるがん患者を取材して分かった、「どう生きるのか」に正解はない | がん治療選択 | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(6)

どんな人でもきっと癌になったり大病を患うと、自分なりの死生観が形作られるものだと思います。
そして、その死生観っていうのは一度形作られても固定化されることはなく、生き続ける限り変化し続けていくものだと感じています。
#死生観 #金田信一郎
 『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子氏に聞く在宅医療と「死」の向き合い方
自分らしく死を迎えるがん患者を取材して分かった「どう生きるのか」に正解はない |がん治療選択 |

↑今まで多くの"死"に接し、自身も4回事故で救急車に運ばれ、監禁され殺されそうになった経験もある
"どう生きるか"よりも"どんな死にざま"を望むかを考えて人生設計をしてる
#アスベスト
投稿時間:2022-01-11 03:24:38
- がん治療選択
以上
 
PR
PR