大阪都心と関空を結ぶ「なにわ筋線」構想が実現した理由とは | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(22)

「うめきた新駅前後の急勾配区間を通過する貨物列車は、編成の先頭と最後尾の両方に機関車を連結するプッシュプル方式で運行されるそうだ」
安治川口発着のために補機がいるのね。吹田で連結するのかな。
うめきた新駅の前後の急勾配地下区間は貨物列車をプッシュプル方式にするんだな。貨物は機関車の連結作業などで地下化以前よりも所要時間が伸びるかもな。
なんと!
安治川口へ貨物列車を通し続けるとは思ってたが、まさかのプッシュプル!?
峠越えならぬ、都会の谷越え、か。

今更のifなら、地下駅でなく3Fレベルの高架駅だったら桜島線へは勾配緩く済んだのかな。
阪神は九条でやりきったから、福島から地下へいけたかもね。
なかなか素晴らしいブロジェクトではないですか、事故のないようにお願いします、
大阪の地下でプッシュプル定期貨物どういうこと・・・
もっと早く出来ていればなぁー
ここで新たに使うために押し太郎増産中なんか(違うと思うがそうなるんやろな)😁
...安定のせまきタソ記事。剛体架線だから、と西は言いたいんだろうけど、サードレールで144km/h出す米ワシントン首都圏交通局に見習えよ案件。
「貨物はプッシュプル」大阪近郊で見られることになるとは…。駅の深さや高架までの傾斜を加味すると、緩くは出来なかったんだろうな。
補機を必要とする急勾配を、JR貨物がよく了承したなぁと(勾配を緩和する線形にはできなさそうとはいえ)。
しかも、押太郎は自己資金で増備してるっぽいし。
吹田に専用の補機が配置されるとか胸が熱いな!往年の瀬野八みたいに走行解放、とかいう運用なら非の打ち所がない完璧さだ!!(鴨にプレッシャーをかける厄介な鉄オタ
大阪のなにわ筋線……
何十年も前から話があったけど、うめきた新駅の建設工事でやっと具体的に見えてきたな。
惜しむらくは、南海汐見橋線に接続するはずだった計画が白紙撤回されちゃったのが残念……
これで都会のローカル線が大変身するチャンスを失ってしまった。
これが理由でEF210-300増えてるのかな
「うめきた新駅前後の急勾配区間を通過する貨物列車は、編成の先頭と最後尾の両方に機関車を連結するプッシュプル方式で運行されるそうだ。」
貨物列車の大動脈にわざわざ補機を強いるルートを新設しちゃうってのはどうなん?20‰未満にしとけば単機でも超えられたろうに…
プッシュプルの運行区間は吹田-安治川口間になるのだろうか?>
㊗️なにわ筋線工事開始🙌‼️
JR阪和線複々線化も再々検討と、願わくば工事開始もよろしくお願いします。JR西日本様🙏🙇
「JR西日本の担当者によれば、うめきた新駅前後の急勾配区間を通過する貨物列車は、編成の先頭と最後尾の両方に機関車を連結するプッシュプル方式で運行される」おお!
貨物列車、プッシュプルで通過するのか。令和に新たなセノハチが登場するとは。吹田で後方に補助機関車を連結するのかな。
どうせ都心と関空を新しく繋ぐなら、20,30分で到着するような高速路線にしてほしいぞ
「余談だがJR西日本の担当者によれば、うめきた新駅前後の急勾配区間を通過する貨物列車は、編成の先頭と最後尾の両方に機関車を連結するプッシュプル方式で運行されるそうだ」
個人的にはこれが一番興味深い(笑)
投稿時間:2021-11-01 05:13:35
- News&Analysis
以上
 
PR
PR