真鍋淑郎、「世界で最もぜいたくにコンピュータを使った男」の知られざる研究半生 | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

今年のノーベル物理学賞を受賞した、米国プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎氏。2001年に「週刊ダイヤモンド連載「知られざる日本の『異能』たち」で3回にわたるインタビューに答えている。20年を経ても色...

ツイッターのコメント(12)

🔒 「建設的批判」、覚えておく。

| ダイヤモンド・オンライン
この記事おもしろかった。
"40年間の滞米生活で気象研究のために使った研究費はざっと150億円。このうち約半分をスーパーコンピュータの使用料が占め、年間当り平均で2億円近くをコンピュータ代に使ってきた勘定になる"
ノイマンが招いたんですと!
よめない。。
| ダイヤモンド・オンライン
自分の仕事はここでは触れないですがこれは例外的に。真鍋さんをアメリカに招いたのは、あの「ノイマン式コンピュータ」のノイマンさんの弟子で、しかもノイマンはコンピュータで気象予測をするため世界から人を集めてた。全く色褪せない、20年前の岸宣仁さんの記事再録です
示唆に富む話
元祖行動者。
🇺🇸米国の研究者に対する待遇の良さ
素晴らしい上司との出会い✨
投稿時間:2021-10-08 05:13:49
(ダイヤモンド・オンライン)
以上
 
PR
PR