東大卒の元メガバンク行員が自己破産!「1.5億円脱サラ不動産投資」の決定的敗因とは? | 資産1億円 本気で目指すFIRE | ダイヤモンド・オンライン

東京大学を卒業して大手銀行に就職したエリート、矢内彩さんは在職中に1億5000万円の不動産投資を決意した。しかし、この投資があだとなって自己破産。いったい何が起こったのか。決定的な敗因は何だったのか。...

ツイッターのコメント(10)

FIRE!賢くても疑う力がないと嵌められてしまう。/「1.5億円脱サラ不動産投資」の決定的敗因とは? |
いろいろ考えさせられる記事です。
不動産は借入規模が大きい場合、影響が大きいので、業者任せではダメですね。
#不動産投資
ローン実行前に銀行辞めたらあかんやろ。東大卒のメガバンクは教えてもらわんでも常識でわかるやろ普通。
事前によく調査・勉強をすること、見切り発車で会社を辞めないことは重要ですね。
「東大卒の元メガバンク行員が自己破産!「1.5億円脱サラ不動産投資」の決定的敗因とは?」
ダイヤモンド
スルガ銀行に騙されたわけではないですが、スルガ銀行不正融資事件で間接的に融資を受けれなくなり自己破産になったケースです。スルガ銀行不正融資は罪深です。/
矢内彩さん色々すごいな。1.5億の不動産投資は無謀すぎる。
馬鹿過ぎて参考にもならんが、悪意の人はどこを狙えばいいかわかってるんだということだけはわかる。
銀行員である間に計画しているのになぜ他の都銀あるいは大手の地銀などを利用せず金利の高いスルガで借りようとしたのかわけがわからないです。退職した社員とはいえ社員のレベルがこれでは会社も傾くのもわかります。
投稿時間:2021-10-07 05:12:09
以上
 
PR
PR