上級国民の“親リッチ”235万人が「資産を世襲」できる2つのカラクリ | 新・階級社会 上級国民と中流貧民 | ダイヤモンド・オンライン

国内には235万人の「親リッチ」と称される上級国民が存在するという。彼ら彼女らは「資産を世襲」する二つのノウハウを持っている。その正体とは?一般世帯とは隔絶された上級国民の世界に迫る。

ツイッターのコメント(5)

三本の矢なら、
相続税贈与税増税、
資産課税、
投資利益の増税、
ここに向けるべきだと思います

もし国民に勤労の義務を課すのなら、上級国民からでしょう
上級国民が資産を世襲するためのノウハウが「教育」なのだそうです。
逆に下級国民が資産を作るノウハウもまた「教育」です。

自称下級国民の皆さん、教育の価値をわかっていますか?
お子さんに学費をかけず、娯楽や衣食住などに使っていたら生活は絶対に良くなりませんよ。
個人的にはこの「上級国民」という言葉は、口にする人が自らを卑下しているように感じるので大嫌いです。
「上級国民の“親リッチ”235万人が「資産を世襲」できる2つのカラクリ」
ダイヤモンド
今は無邪気な娘にも「何でパパは下級国民なの?」って言われちゃうのかな、、
🔒記事だけどこういう生まれ素直にうらやましい(貧困層出身並みの感想)
以上
 
PR
PR