逮捕者も出た違法の短縮動画「ファスト映画」と、映画業界が共存すべき理由 | 企業サバイバル最前線 | ダイヤモンド・オンライン

ファスト映画とは、映画の画像を無断で編集し、字幕やナレーションで内容を紹介する10分程度の動画を指す。YouTubeなど動画サイトにファスト映画を掲載することは、当然のことながら違法行為で、今年6月に...

ツイッターのコメント(5)

逮捕者も出た違法の短縮動画「ファスト映画」と、映画業界が共存すべき理由

・現代は、ITの発達によって細切れのすきま時間さえ有効に使えるようになり、消費者は自身の時間価値をいかに引き上げるかという「時間資本主義」の時代に生きている
取り込んでください<(_ _)>

「フライヤー社のサービスと出版社は、敵対的関係ではなく、むしろ補完的だ。この映像版として、ファスト映画を位置付けてはどうだろうか。ファスト映画を敵視するのではなく、映画産業のエコシステムとして積極的に取り込んでいく手法だ」
違法だけど、確実にニーズがそこにある
本の要約サービスも利用者多いのだから公式ファスト映画も需要ある。|逮捕者も出た違法の短縮動画「ファスト映画」と、映画業界が共存すべき理由 | 企業サバイバル最前線 | ダイヤモンド・オンライン
投稿時間:2021-07-21 05:21:04
逮捕者も出た違法の短縮動画「ファスト映画」と、映画業界が共存すべき理由 - 企業サバイバル最前線
以上
 
PR
PR