新卒若手社員「入社後ギャップ」ランキング【完全版】、配属ガチャに悲鳴が上がるワケ | 社員クチコミからわかる「企業ランキング」 | ダイヤモンド・オンライン

新年度がスタートしてはや3カ月、理想と現実のギャップに戸惑う人も少なくないだろう。新入社員においては、約8割が企業に対して入社前に抱いていたイメージとは違う現実にショックを受ける、と言われている。新卒...

ツイッターのコメント(10)

なぜ、キャリアを考える必要があるのか?
理由の一つは入社後のギャップです。

仕事内容や配属への不満が50%以上

つまり、
このツイートを見ている就活生の方々の半分以上は
頑張って内定を取っても、結局後悔する
ということです。

後悔する前にしっかり考えよう😃
私の最初の配属先は、自分が希望する産業分野以外のコンサルティング部門だったが、振り返ってみるとそこでの経験も役に立っている。
企業の論理と個人の論理が完全に一致することはないので、配属ガチャとか言わずに、得た経験を活かそうとする意思のほうが重要では。
「入社後ギャップ」「リアリティ・ショック」「配属ガチャ」。
僕も経験あり。
採用段階でマッチングを丁寧にしたり、入社後フォローを手厚くしたり。
やれることは色々あるなー。
これは本当に多いので給料やブランドで就活してる人は気をつけて欲しい
入社したばかりの新卒に辞められるとこっちのメンタルも凄く削られるんじゃー
メンバーシップ型とかもあるけど、自分の能力を過大評価するヤツがいるのもそう / (Diamond Online)
配属ガチャとは言い得て妙。

確かにマス、大局的で見ると殆どスキル差がない新卒に対しては、ある程度ランダムで配属させるのは理にかなっている。大切なのは、5年後にどういった新卒特性が、どこの配属でどうなったの...
ダイヤモンド・オンライン様にご掲載いただきました!就活生の皆さまどうぞ!

| ダイヤモンド・オンライン
OpenWork「働きがい研究所」
リアリティーショックとカルチャーフィットというキーワードをやたら聞くようになりましたね。

| ダイヤモンド・オンライン
投稿時間:2021-06-17 05:04:54
以上
 
PR
PR