パナソニック「次の撤退」最右翼はデジカメ!テレビなど問題3事業のたたみ方 | パナソニックの呪縛 | ダイヤモンド・オンライン

パナソニックがテレビ生産を中国TCLに委託する方針を固めた。これで、長年赤字にあえいでいたテレビ事業の構造改革に一区切りがついた格好だが、世界競合と比較すれば改革はまだ道半ばだ。テレビと並んで問題3事...

ツイッターのコメント(35)

f2.8通し標準ズームでも小型軽量なでLUMIX GX8をサブカメラとして、凄くお気に入りで使っていましたが、そろそろ、僕も他のプラットフォームに移行しようかと考えています。
-
パナソニックはプロ好みの本当にいいカメラを造っているので、なんとか踏ん張って欲しい。
そんなに売れなくても、定番製品を安価で愚直に作り続けるパナが好きだったんですけど、これも時代か・・・

選択と集中で効率は上がるでしょうが、それが消費者のためになったメーカーを知らない

パナソニック「次の撤退」最右翼はデジカメ
全社右肩下がり。ソニーもなんだ。シェア争いもなにも市場が縮小しかない状態。事業としての魅力がない。
パナは五輪の影響もありそう。
パナソニックユーザーとしては心配。とはいえ現実からは逃れられなさそうなので、次の資本力のあるところで立て直して欲しい。
おぉ・・・・ /
業界が縮小してるから、ソニー、キヤノン、富士フイルム以外はいつなくなっても不思議ではない状況なのかな。

仮にパナが撤退しても、L・M4/3ともにマウント自体は残る。

たぶんM4/3については「続けます」と主張しつつ実際にはフェードアウトすることになるんだろうね。
→不採算事業からの撤退だけでは成長は出来ない。成長の種は育てているのか。。
パナソニックもカメラ事業から撤退に進むのかな
売る気無いもんな
良いモン作ってるのに
 
PR