TOP > 政治・経済 > 老後が不安な非正規労働者ほど、積極的に結婚すべき制度上の理由 | 初心者のための「老後資金」対策講座 | ダイヤモンド・オンライン

老後が不安な非正規労働者ほど、積極的に結婚すべき制度上の理由 | 初心者のための「老後資金」対策講座 | ダイヤモンド・オンライン

非正規労働者のカップルが結婚して、片方が厚生年金に加入すると、老後の生活が一気に安定する。「非正規労働者だから結婚できない」などと考えずに、結婚に前向きになるべきだ。

ツイッターのコメント(13)

貧乏だから結婚できないと思ってる方に朗報です💁🏻
こうゆう制度は改革すべきでしょう。
非正規労働者ほど、積極的に結婚は劣悪な奴隷制度
ですかね。
家庭を持つと、体裁を整える必要があるため余計な出費がつきものだし、子供が出来れば出費の次元が異なってくる。そういう意味で、この記事を鵜呑みにするのはどうか。まぁ、自己責任が国是で、生活保護がろくに機能せず、餓死もあり得る我が国では、非婚化は止まらないか。
若い世代は、自分が食べていけるかどうかの瀬戸際なのに、「結婚するかしないか」なんて考えているわけないでしょ‼️
全然現実見てないじゃん‼️
出会いに前向きになれない人も多いと思うし、一人よりも二人で暮らす方が経済的だけども、「積極的に結婚」というのは難しい。の賃金や待遇がよくなるよう、政権交代して制度が変わってほしい😰

「老後が不安な非正規労働者ほど、積極的に結婚すべき制度上の理由」
その時まで生きる保証無いでしょ。
制度的欠陥でしょこれ
厚生年金もらえるから結婚する人とかいるのかね、、ちなみに離婚したら、もってかれのも現金や土地だけでなく、年金も半分こ
結局、シンプルに運命共同体になってもいいひとと結婚するのが吉
生きるために結婚する・・・ということよね。簡単に言えば。「パラサイトシングル」を引き合いに出して親の死後に言及しているけど、パートナーだって人生何あるかわからない。別れることもあるでしょう。

生きるための結婚、それはそれでかなりリスキーな気がします。
塚崎公義:経済評論家   ”はじめに、結婚は金のためにするものではない。それは筆者も十分わかった上で、「他の条件が等しいならば、結婚した方が経済的には得だ」ということを本稿では記すこととする。”
アホすぎる
非正規は結婚しないのではなく出来ないのだ

塚崎公義 』
>結婚は金の為にするものじゃない

と、言いつつ金の話しかしてないから草。
そもそも結婚生活がいつまでも続く保証なんてないから
その時点で終わってる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR