発達障害の僕が発見した「部下が次々に辞めていく上司」と「チームで成果を出せる上司」の究極の差 | 発達障害サバイバルガイド | ダイヤモンド・オンライン

ツイッターのコメント(14)

頭ごなしに怒鳴るのがいてヤバかった。
周り見えてなさすぎ。
マネジメントってマルチタスクだしなー。
小竹さん 
「自分より優秀な人を雇うこと」
「部下に抜かれるなんて考えない」
「戦う上で味方は優秀な方がいい」
自分より「何か」凄い人を採るのは中途ならとても良い解だと思います。なんでも良いから何か秀でてないと尊敬できない。
「究極ハック:自分よりすごい人を採用する」←管理職になったのを機にこれを考えたい。
「自分より優秀な人を雇う」
僕もここに行きつきました。リスペクトできる人との人間関係は自ずとよくなる。あと、組織のレベルがリーダーを超えられるし。
ただ、スタートアップ(企業内のチームでも)の場合、複数の技能を求めてたくなるからねぇ。
共感しかない。
発達障害持ちにとってマネジメントが理解のない人だと、その職場は一気に地獄になる。同時に、自分がマネジメントになっても地獄を見た。管理するのは向かないわ。
出来ないこと、苦手な事があっても、得意な分野を伸ばせばセナ力になります。
「自分よりスゴい人を配下に置く」というのは本当にそうで。今の案件が途中で契約切られることなく高評価で終われるのは、メンバーに「自分よりできる人」がいたからだと思う
それに気づくこと、そのものが「働く」ということだと思いますので、とても素敵な方です!
以上
 
PR
PR