TOP > 政治・経済 > 成長企業は「課題の深刻さ×市場規模」で見抜く!敏腕ファンドマネジャーが直伝 | 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン

成長企業は「課題の深刻さ×市場規模」で見抜く!敏腕ファンドマネジャーが直伝 | 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン

「課題の深刻さ」×「市場規模」に注目して、強い銘柄を長期保有する――。設定来13年間で基準価格を23倍にして、2020年も88%の上昇を達成したDIAM新興市場日本株ファンド。特徴は上場時から中小型の...

ツイッターのコメント(23)

🔖銘柄選びでは課題の深刻さや市場規模を意識。
🔖短期的には操作できる部分がある利益よりも売上高や粗利を重視。
🔖保有期間中は競合の出現や組織の崩壊に気を付ける。

👇注目しているテーマ
・医療、金融、エネルギー、行政、働き方などのDX化
・事業継承 など
>どんな社会の課題を解決したいのか。市場規模が大きいかどうか。
> 日本は社会課題先進国です。1人当たりGDPの順位が下がり、少子高齢化が進み
課題の深さが起点に納得→成長企業は「課題の深刻さ×市場規模」で見抜く!
課題の深刻さ、市場規模が重要


Q:エムスリーの株価はここ10年で数十倍。利益確定したくない?

A:大事なのは医療の課題が解決したか。コロナ禍でむしろ医療課題は増えている。


岩谷さん!
課題の深刻さ、市場規模、参入障壁
興味深い。しかしライフネットが組み入れ上位とは驚きだな。
岩谷さんめっちゃ良い笑顔😆
岩谷さんからの質問はとても印象に残っていて、大変勉強になりました。
問い
エムスリーの株価はここ10年で数十倍になっています。PER(株価収益率)も高く、成長継続中とはいえ、利益を確定したくなりませんか。
DIAM岩谷さんめちゃわかりやすい。王道っていうか反論できる人いないのでは。
調整後に集めていきたい。調整なければ、縁がなかったということですね。
メドレーが欲しい🙊
ICCで出会って、いつも勉強させて頂いている、岩谷さんの記事!(こういうメディアに出られているのを初めて見た)IT業界では非常に名の知れた方(^^)

長期保有やその選定基準など、とても興味深い!
ICCでお話させてもらって目からウロコすぎた岩谷さんのインタビュー。:
IT業界ではとても有名な「DIAM新興市場日本株ファンド」の岩谷さんのインタビュー
毎月ポートフォリオはまとめさせていただいており勉強させていただいております
2020年のリターンは88%〜
NO.1ファンドマネジャーの岩谷さんにインタビューさせていただきました。納得感がすごかったです。
岩谷さんの記事。
まずは身の回りにある自分が課題だと思うものや、つらいことを考えてみたらどうでしょうか。欲しいサービスだった場合、次の段階として「自分のように思う人はどれぐらいいるだろうか」と市場規模を考えてみましょう。
岩谷渉平・アセットマネジメントOneファンドマネジャーインタビュー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR