クマ被害が市街地でも増加、命を失わないための「正しい身の守り方」 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

2020年10月、石川県のショッピングセンターにクマが侵入し、数時間後に射殺された。同月に茨城県でも託児所にイノシシが入り込み、一時騒然となった。大型野生動物が市中に出てきてしまう事例が増えている原因...

ツイッターのコメント(10)

コレ増えすぎたら、九州への進出もあり得るよな。
「市街地に出てしまったクマ、イノシシを処分したところで、エサとなる誘引物がなくならない限り他の個体の出没は止められず、根本的な解決にはならない。」
「動物の駆除だけに力を入れるのではなく、まず人がエサを提供しない状態にすることが先決だという。実をとるカキの木は電気柵で守り、実は早めに収穫、また実をとらない木はきちんと伐採する、人が意識して取り組まない限り獣害被害はなくならない。」
環境整備と防除大切
熊に関しては「おさらい」的なこと。イノシシ、ネトゲの「視線切り」みたいだなと思ったw 「先が見えないところには突っ込んで来ない性質があるので、物陰に隠れる」 |
先日、ダイヤモンドオンラインさんから取材を受けたものが記事になったようです。もちろん堅果類の凶作はクマの出やすい要因の一つではありますが、それだけでは説明できない事が起きていると思います。
走って逃げないこと以外は、う~ん、活用できて命が助かる人も万に一つあるかも。ショットガンと357マグナムは所持していないと歩けないね。アメリカの現実や、カナダの大自然みたいになってきたね😂
金カム思い出した…
大事なところを見せたらいいわけではないんだね(10巻参照)
昔は山間部の農村というワンクッションがあったので市街地まで降りてこなかったのですが・・・。
「クマ被害が市街地でも増加、命を失わないための「正しい身の守り方」」
ダイヤモンド
剛 対 剛 は確実にダメです。
背を向けて逃げると死を意味する。
意を決し、柔よく剛を制すのみですね。
以上
 
PR
PR