創価学会「記念の年・2020年」に露呈した最強教団の構造的危機 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン

昨年11月18日、会員世帯数827万(公称)を誇る巨大宗教団体、創価学会が創立90周年の節目を迎えた。だが、“勝利”への道は決して平たんではない。「100年目の学会は、今とは全く違う姿になっているだろ...

ツイッターのコメント(24)

○価の信者数は約177万人。その多くの年齢層は60代から70代。2世3世は流動的で必ず投票するとは限らない。大都市圏に177万人の6割ぐらいは集団するかもしれないが、ここ10数年で約100万人ぐらいは減っている。100万人減って177万人…
誰がタイホされたの?
世帯数激減は当てはまるね
活動者は実際一割もいない
団塊の世代がいなくなると勢力は一気に衰退するよ
現在の創価学会の内情。
会員の方が大好きな池田大先生の姿が見えなくなって、何年でしたっけ? いい加減、何してるのか、実態を見せて欲しい(全部棒
本屋行って見てきたけど思ったよりページ数が少なかったですね。
- ダイアモンド オンライン

「菅政権の発足で、安倍晋三前首相時代以上に、自公連立は強固になるだろう」…だが、その言葉にはただし書きがある。それは「学会の集票力が維持される限りにおいて」だ。
ガッカイ人口177万人⁉️
良く見て活動家の数としても、これ以上は増えない。
2020年は、会員世帯数827万(公称)を誇る巨大宗教団体、創価学会にとって極めて特別な年であった。

創価学会「記念の年・2020年」に露呈した最強教団の構造的危機(ダイヤモンド・オンライン)
 
PR
PR