TOP > 政治・経済 > 調布市の道路陥没事故でリニア新幹線工事が不安になる理由 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

調布市の道路陥没事故でリニア新幹線工事が不安になる理由 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

突然、住宅の前の道路が陥没する――。衝撃を禁じ得ない現場の直下では、東京外郭環状道路のトンネル工事が進められていた。同じ工法で大深度地下を掘り進むリニア中央新幹線工事に不安はないのか。

ツイッターのコメント(16)

お粗末杉
謎の泡、大きな空洞、これは酷い!家の地下がこんなんじゃ安心して住めないわ。
ダイヤモンド社岡田悟、共産党や左派系メディアと組んで調布陥没事故に便乗し『外環道建設中止』『リニア建設反対』かよ。
47m地下に17mのトンネルシールド工法で初めて掘る(?)。ちゃんと実験なり詳細なシミュレーションとか客観性のある検証をしたのでしょうか。こわいなぁ。
47メートル下をシールドマシンが通過
因果関係は不明で工事が中断
__

トンネル直上地質調査はしてなかったそうで、近くのNEXCOの用地でもなく200m離れた民地で行ったそうです
もちろん、北陸新幹線も京都と大阪の大深度を通ります。
今回の調布市での道路陥没と、外環道でのシールドマシン工事との因果関係は現時点では不明だ。逆に因果関係が特定されなければ、都内や神奈川県内などのリニア工事でも、地表部の地盤が弱い箇所で陥没事故が起きるのではないか――。

因果関係が「ない」とは断定できない
JR東海、国土交通省はこの件についてどう考えているのだろうか?
振動や建物のヒビを無視したネクスコ東日本も杜撰だか、トンネルは掘ってみないと判らないのも事実だろう。9割がトンネルというリニアはそいういう意味でも論外に近い。★
今からリニアって、どう考えても負の遺産になるだろう。
東京外郭環状道路 の トンネル工事 が進められていた。
同じ工法 で大深度地下を掘り進む リニア中央新幹線工事 に不安はないのか。

調布市の道路陥没事故で リニア新幹線工事 が不安になる理由

ダイヤモンド編集部 岡田悟
ここら辺の真下リニアのルートなのか😲
シールド工事との因果関係は不明だと述べるだけで不安を煽る記事。暗渠にされる前には何度も氾濫したすぐそばを流れる入間川の影響の可能性もあるわけで。/
これ絶対にリニアに影響するよね。

特にただでさえも揉めている静岡区間。

やっぱりちゃんとした予測はできないじゃん。
調布市の道路陥没事故と外環道のトンネル工事との因果関係が証明されない限り、外環道のトンネル工事だけでなく、同様の工事を伴うリニアの建設工事も中断すべきだ。 またぞろ同じような事故が起きかねない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR