TOP > 政治・経済 > 「よい子」を振る舞うモンスター小学生が急増しているワケ | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

「よい子」を振る舞うモンスター小学生が急増しているワケ | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

「校内暴力」や「学級崩壊」などの言葉は久しく聞かれないが、いま小学校では新たな問題が顕在化してきている。「よい子」を振る舞う児童が急増し、裏ではいじめや問題行動を起こしているという。その理由を28年間...

ツイッターのコメント(27)

今の子らは、常にいい子を求められてしまってるもんね…

コロナもあるし、学校長いし、
子は大変だな…
こんな記事も子らを追いつめるかも?

まあまあまあ
今まで発達凸凹のこどもと関わってきた経験から学習支援でも凸凹がありそうなこどもは何となくわかります。
しかし、教員はわからないのかその子を個人攻撃します。
すると「よい子」は「あの子は先生に怒られるダメな子」と判断していじめが始まるのです😭
その通りだな。
これは自分が小学生だった頃も同じ現象が起きていたらしい。同じ現象が自分の学級で起きていることに最初に気付いたのが、うちの母親だった、というのが不思議である。
✅自己責任を子供におしつけては駄目✅学科も家庭も同じです
✅前に進む方法を模索しましょう

モンスター小学生が急増しているワケ
「親御さんから常に『勉強しなさい』と言われ続け、『“勉強ができる”○○ちゃんだから好き』という条件付きの愛を受けて育てられるケースも多い。」
ふむふむ、と思いながら読んでたら『友達100人できるかな♪を歌わせるのがダメ』って、そこじゃないでしょ?
学校生活への夢と期待なわけで、それが目標って言ってないし。
「よい子」を振る舞うモンスター小学生
本音を言ったら怒られる。
だから表面上は「よい子」を演じる。
大人がそうさせてしまっているのでしょうね。
家庭や教会でも同じ事がおきていないでしょうか?
自分は実行犯にならず、騒ぎそうな子をたきつけては学級崩壊するように働きかけ『なんでそういうことをするの?』と尋ねると『塾で勉強しているから授業を聞く必要がないし、授業を壊しちゃえばみんなが勉強できなくなって(相対的に)自分の評価が上がるから』と応えました」
宮台真司さんが、今の若者は友達が作れないと指摘していたが、ここに語られている現状があるとそれは環境の問題が大きいと感じる。他者への信頼感が育たない。
闇が深すぎる。
結局、何が大切なのか見失ってる学校教育の闇が、一番深い
子どもの凄まじく悪賢い考えにゾッとした。 →
ここで言っている「学校スタンダード」ってのは「人間スタンダード」だったらいいんだよね。まあそこも人それぞれだから難しいんだけど。
🐨こんなん昔から居た。そしてそういう子は明るくて頭が良い。
児童を一所に集める事をリスク視するのであれば、やはり原則として義務教育もオンライン授業に移行させるのが正解なんですよね。教育費の支出も削減できますし。
教育現場の保守化と自己責任論が原因のようです。
障がい児に対するいじめは,道徳教育で弱者の人権をまともに教えていない証拠といえるでしょう。
学校スタンダード。勤務先にもある。無くならない理由は「今までの経緯を踏まえて」サンクコストのお手本のような言い分はやめて頂きたい。ー
従順さを求められながらも“創造性”が必要だと矛盾したことを言われたり、小学生の段階から“将来の夢”を持つようにとプレッシャーをかけられる。その結果『よい子』を振る舞いつつも、ストレスからいじめなどの問題行動に走ってしまうのでしょう。
白梅学園大学 増田修治 教授
特に高学年の子どもたちには「みんな仲良く!」とは言いません🤔

たまたま同じ地域と時代に生まれて同じクラスになったから友達!なんてなれるわけないですよね😭

☑︎お互いに嫌にならないようにうまく関わること
☑︎友達は少なくても良いこと

をいつも伝えています🙆‍♂️
後でじっくり読もう。これはずっと気になっていた。この後で中学校部活で理不尽過ぎても虐待的でも反発しない子が多いんだよね。
生徒同士より顧問庇うとか。
確か文科省は日本の教育を輸出しようとしていたはず。➡︎
けんじろうですやん。
かねすえけんじろうですやん!!
子どもたちを悪い時のけんじろうにさせないよう愛情たっぷり育てよう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR