TOP > 政治・経済 > 「本が読めない人」を育てる日本、2022年度から始まる衝撃の国語教育 | 教育現場は困ってる | ダイヤモンド・オンライン

「本が読めない人」を育てる日本、2022年度から始まる衝撃の国語教育 | 教育現場は困ってる | ダイヤモンド・オンライン

今、教育の現場では、あらゆる学習において、社会に出てからの実用性を重視する実学志向が強まっている。だが、基礎知識や教養、物事を深く考える習慣を身につけさせないのであれば、先の読めない変化の激しい時代を柔軟に生きることは困難だ。『教育現場は困ってる――薄っぺらな大人をつくる実学志向』(平凡社新書)の著者・榎本博明氏は、学校教育の在り方に警鐘を鳴らす。今回はシ...

ツイッターのコメント(845)

分数や%が分からない大学生に続く第二弾?
本が読めない教育?
"社会に出てほんとうに役に立つ教育には何が大切か、いま一度、立ち止まって考える必要があるのではないか。このままでは、変化の激しい時代に柔軟に生きるのは困難になるだろう。"
AIに負ける人材を作りにいってるようなもんだな。。

「本が読めない人」を育てる日本
本を読まなくても面白い人、できる人はいっぱいいるが、作品との出会いの場を奪われてしまうのは悲しいこと。いい本は心の安定につながるからね。
これ、(人もいないお金もないとないない尽くしであっても)学校図書館ががんばる時だ。これまでもずっとそうだったけど、これからもっと強引に。
読書は楽しく人生を豊かにする。
その歓びを若者たちに。
いや昔の人の小説とか国語の定番みたいに出てくるけどさ、正直何の役にも立ってない。要らない。
小説が読めない人間が実用文読める訳ないだろうがハゲ!
言葉を情報を伝えるツールとしか捉えてないからこんなことになる。
仮にも「愛国精神」を掲げるなら母国語の美しさを理解させないでどうする。
政権お抱えの専門外御用学者の発案か?

先生たちも声をもっと上げてほしい

歴史好きと歴史修正主義を
巧妙にすり替えた政権です

社会科の次は国語科
"文学や評論に親しむ教養人と実用文しか読まない非教養人の二極化が進むに違いない。"

これが分かれ目なのかはともかく、今もそうなのでは。
@ESPRIMO7 国語重要ですよね。
英語の幼少期からの教育推進も悪いとは言わないが、どれだけ、本質の理解が進んでいるのか?
弱点は補う。
強みは伸ばす。
育成の基本。
明らかに格差社会を進めるつもりだな。
都合の良い国民を作りたい意思を感じる。
日本はどうなっていくのかなー>
子どもの国語力格差を広げるような改革が2022年より施行されてしまうかもしれない…❗💣
▷▶︎▷
日本の教育大丈夫だろうか。
この記事を見て不安になる。もっと現場の教師や教育現場の声を聞くべきでは。
これは由々しき問題ですね…😣
ご飯を食べ、うんちをするロボットを作りたいかのようだ。
このような方向性に舵を切られているとは知らなかった。
私も大人になってから文学の魅力に気づいた人間なので、なんとも言える立場ではないがそれでも学生時代にもっと文学を読めばよかったと思ってます。
この国語教育の結果が出る頃、いま「中高生も契約書読めた方がいいよね」と騒いでるオッサン達は現場に居ない。
最近「今週売れた本(総合)」ようなものを見ることが多い
そこではゲーム攻略本、ノベライズが上位を独占することが多い
「総合」なので仕方ないと言っていいのだろうか

|
なんだかね~。
ますます文章力がない子供たちを増やしてしまう気がする。
実用文を読ませるべきだ、というクソのような方針。これに対して現場は反発しているらしいので真っ当。
いまさら感。教科書が全くわからない上、見本が出てきたらどうしようもない。小説や文芸ではない=規約や広報や契約書や説明書に限定されるモノでもなく、新聞等の論説も歴史叙述でも新書のような専門的概説だって「実用的」文章。いわゆる「評論文」は残ると思われます。
筆者の気持ちに過ぎないという批評:

>>文学や評論に親しむ教養人と実用文しか読まない非教養人の二極化が進むに違いない。
教養人を自認する連中が見せる選民意識と暴力性が、こういうところに出てくる。
「実用文しか読まない非教養人」
実用文を馬鹿にしてると、こういう蔑みがどう伝わるかを考えなくなる。→

|
契約書のような実用文が高校の国語でメインになることに反対するニュースです。

全く勉強せずに社会にほっぽり出すよりいいのでは?
日本の教育と科学研究の一番の敵が文科省なの凄いな。動植物を絶滅させる為に活動している農林水産省みたいだな。
私はこの定義だと完全に実用文しか読まない非教養人ですね

文学や評論に親しむ教養人と実用文しか読まない非教養人
教育制度がどんどん狂った方向に進んでいく…。
#教育改革
@takashipom 美しいエピソード。こんなことを目論んでいる連中にもぜひ読ませたいですね。
今の中高校生や大学生の読解力が悲惨だと認識していながら、実用文の勉強を「わざわざ中学や高校の授業でやるべきことなのだろうか」と主張する神経がわからない→
いや、今の中高生にはこういう国語教育が切実に必要じゃない?ソシャゲ運営会社の高額請求に対抗する為に「実用文」を学ぶ動機があるよ。
@hibikilla30    こうなる理由がよくわかりますよね
最低レベルを底上げする教育はいいと思うけど、それは出来ない子供だけで良いんじゃないのだ?
高校の時に面白くて好きな現代文の先生がいて忘れられない試験問題がある。教材は「野火」だったんだけど『物語の最後、主人公はどういう状況になっているか』教科書にはラストは載ってないけど授業で面白かったから続きを読んでたので解答できた。自分で読んでおくように→
| これ本当だとするととんでもない話。時代の言語表現の様々な形を若い時代に読むと言う事の重要性が理解できない人間が教育を主導する恐怖。こりゃ今注目の言語AIのPT-3に馬鹿にされる人間量産教育だな。
言ってる事はわかるけど、じゃあ国語教育の現場で真っ当な論理的読解を教えてるのかよ、と。
あーこれか。
もう議論する気もおきんわ。
論理国語って言葉がすごい。
「実用文」ってなに?
中身ペラペラのビジネス書?
タグ を見かけて仰天したのだけれど…国語の教科書から物語を排除して実用文を載せるって…どういうことなの…。
この人が言ってる「教養は本からしか得られない」ってのは間違ってると思うけど、教養のある人は本たくさん読んでるよねw/
私の周りが偶々そうなっているだけかもしれないけど、日本人はあまり本を読まず、(特に教養の高い)ヨーロピアンは日常的に本を、特に小説を読む印象。最近の日本の表現力の低下は、気のせいではなさそう。
まず前提として、読書で読解力が向上するというのは根拠が無い話。
その上で教科書に載せる本なんて、なんかの契約書だろうが太宰治だろうが東野圭吾だろうがワンピースだろうが何でも良いと思う。
学校が「勉めて強いる」勉強をやってる限り読解力の向上なんて起こらない。
学生時代に国語教育を専攻した人間からすると衝撃だよ。
つまり、文学部は不要と?
でもね、人は実用書から知識を得ても、人の心を育てるのは文学よ。
そこまでガラッと変わるのかがわからんなー。
でも、リソースが限られる中で小説・物語を充実させないといけない理由が書かれてないな
なんかこれ、ちょっとモヤモヤする記事なんですけど。高校の国語で小説より実用文を優先するって、そんなに悪いことかなぁ?
日本の文化終わりだろコレ…。
「本が読めない人」を育てる日本……この国に未来はあるのか⁉︎
もっと見る (残り約795件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR