TOP > 政治・経済 > AI製品が数千円で買える!中国・深センで進むAI技術「大衆化」の裏側 | 変化し続ける街 知られざる深セン | ダイヤモンド・オンライン

AI製品が数千円で買える!中国・深センで進むAI技術「大衆化」の裏側 | 変化し続ける街 知られざる深セン | ダイヤモンド・オンライン

AI(人工知能)というと「機械が人間より賢くなり、人間の業務が機械に置き換えられる」というシンギュラリティーが話題になるが、現在のAIはもっと実務的な発展をしている。中国・深センでは数千円で使えるAI...

ツイッターのコメント(10)

道具は、使い方が問われる。
技術の進歩は歓迎だが。
RISC-Vが利用されているとのこと。
全角半角英語が入り混じっているのが気になってしまった
CANNANはブースこそ小さかったが、すごいと思う。でも今の情勢でナスダックから追い出されなければいいけど。
❝ワンボードのAI+IoT開発ボードは米Nvidiaなども販売しているが、価格は優に1万円を超える。しかし、SiPEED社の製品は、Nvidiaのボードにはついていない、液晶画面やカメラなどの追加機能も含めて、半分以下の3500円ほどで販売されているのだ。❞
深センM5Stack社のM5StickV、深センKittenBot社のKittenBot KOI Artificial Intelligence Module、上海DFRobot社のHUSKYLENS
それは安いでしょうね、元々、他国の技術を盗んだ物だから研究開発費が、かかっていません。
その代り次回からの技術は、どうでしょうね?
次回からも盗めると良いですね。
ウイルスだけは撒き散らかさないで下さい。
RISC-Vlを採用し安価な「AIチップ」を提供するCANAAN社のような企業が深センから増えて来るのは目に見えている。「米中貿易戦争の影響もあり、多くの中国企業が日本や欧米の企業と並んでRISC-Vファウンデーションに参加している」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR