TOP > 政治・経済 > 内申書ばかり気にして学力が低い学生を量産、教育現場の誤った成績評価 | 教育現場は困ってる | ダイヤモンド・オンライン

内申書ばかり気にして学力が低い学生を量産、教育現場の誤った成績評価 | 教育現場は困ってる | ダイヤモンド・オンライン

今、教育の現場では、あらゆる学習において、社会に出てからの実用性を重視する実学志向が強まっている。だが、基礎知識や教養、物事を深く考える習慣を身につけさせないのであれば、先の読めない変化の激しい時代を柔軟に生きることは困難だ。『教育現場は困ってる――薄っぺらな大人をつくる実学志向』(平凡社新書)の著者・榎本博明氏は、学校教育の在り方に警鐘を鳴らす。今回はシリ...

ツイッターのコメント(21)

「主体的に学習に取り組む」から良い点数が取れる。
いくら教師から見て「主体的に学習に取り組む態度」が良くても、テストの点数が取れていないなら、それは学習できていない。
学力って無理矢理にでも、水準をあげるべきだと思う。

低い人に合わせる必要なんてないと思う。その行為は、結果的に学力の水準を下げてる。
【“主体的に学習に取り組む態度”を評価すると文科省】内申書ばかり気にして学力が低い学生を量産、教育現場の誤った成績評価|ダイヤモンド・オンライン 「評価する・ものではない・学力試験・に反映されない・関心・意欲・態度・何なの・良く評価されることへの意欲なのでは」
日本人の「空気を読む文化」は、もしかしたら学校教育の評価方法に問題があるのかもしれません。
また、2020から重視された、主体性を重んじる教育で、内向的な生徒の才能が埋まらないといいのですが。
成績評価の仕組みを掘り下げる発想をしない割に、通知表の結果に納得できなかった記憶が蘇る。つまり反省しない反抗ばかりする人間だったわけで今風に言えばPDCAサイクルがまるでなかったのだなあとしみじみ。それに比べたら今の子は世知に長けているなと。
内申書って、生徒をコントロールするために使っているようなもの。
この書類を作る時間を、生徒と向き合うことや学習支援に使った方がいいのではないでしょうか🧐
これは実感としてわかるなぁ。人間見てない気がする。ポジティブに見ようとする意識が伝わってこない。先生からも学校からも。
学業成績だけでいいと思う。正しい方法で努力すれば必然的に成績は良くなる。努力しても成績が振るわないのは方法が間違っているか適性がないのだ。そんな人は必ず落ちこぼれる。
所謂、内申美人と言う奴ですね。おべっかで稼いだ内申で上位校に行っても勉強は出来ないから入学後は最下位になるって言うね。
学校や塾がテストの点数ばかり気にするのは、それが仕事だから
ただ親の立場で点数についてばかり子どもに言っていると、将来子どもは主体性が無い大人になっても仕方ない
「現実に、主体性の評価を良くするためのコツを塾が教え込むようになっているのだ。」

👦🏻🏫👩🏻‍🏫

教科の内容には非常に興味があり、しっかり勉強しているが、自己アピールをするのは何だかえげつなくて嫌だ。また、内向的でグループ討論で積極的に意見を言ったりしないが、授業中は集中し、家でも勉強には力を入れている生徒などは低く評価される。
学力テストの結果はその人の努力の賜物なのでもっと重視されるべきです じゃないと報われません そうでなければ学力テストなんか無くしたほうがいいと思います
ゆとり教育と同じ!?
理念はすばらしいが実態は?
教育行政たのむよ…😩
●こんなん30年前から内申が中途半端な奴に限って内申を気にして先生に媚びとりましたよ●

昔はヤンキーでもテストで満点なら5教科は5貰えたが

世知辛い
いい子ちゃん量産時代になってしまったね
なんというか…。とてもモヤッとしました。
子供が大人の顔色伺ってばかりいなければいけない教育には未来が無い。
内申点の主体性評価の問題。この評価軸に意図して合わせにいく子たちがいるのはどうかというお話。
しかし、実直な人間だけが社会で価値を生むかといえば、仕事と割り切り営業をして評価を得る大人もいます。今の内申点の評価方法は、社会を反映しているとも思えます。
他者からの評価、数値による評価、一律の基準による評価の限界だと思う。また測られる主体性が、あくまでも教員にとって都合の良いそれになっている。

| 教育現場は困ってる | ダイヤモンド・オンライン
内申点のデメリットは俺もあると思う。

結果では無く、プロセスを評価してるから。

・よく質問する
・ノート綺麗にとる
・姿勢よく授業を聞く

"だけで''評価されるので
本質が抜けてる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR