TOP > 政治・経済 > 乳腺外科医わいせつ事件の二審判決が「逆転有罪」となった理由 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

乳腺外科医わいせつ事件の二審判決が「逆転有罪」となった理由 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

2016年東京都足立区の柳原病院で、当時、非常勤だった男性乳腺外科医が乳房の手術をした後、その女性患者から準強制わいせつ罪で訴えられた事件の控訴審判決(朝山芳史裁判長)は、一審判決を破棄した有罪判決、実刑2年(求刑3年)だった。その理由や背景を解説する。...

ツイッターのコメント(21)

この件、やはり高裁判決には疑問符がつく。合理的な疑いを容れない程度の証明と事実認定がないとされた1審判決を覆す形式と内容が伴っているとは思えない。
科学的に考えると、被告人に有利な証言が出てくる。
専門家ではない検察側証人の適格性にも疑問がある。
しかし被告人の証言にも不審点があり、事件をややこしくしている。
立命館の森久智江先生が出ていた。
なんで、唾液が採取されてんのにこんなに右往左往すんのやろか?
唾液をあらかじめ採取して意図的にするとか無いやろ!?万が一、そこまでされるような医者やったら、人間としてどやねんレベルちゃいますか?
"女性にせん妄・幻覚があったかどうかの判断について、弁護側のせん妄研究の第一人者の医師らの証言より、検察側証人の司法精神医学による説明のほうが裁判官にとっては理解しやすかったといえる"
延期になったのは知っていたけどいつの間にか判決が出ていたのか。しかしまた阿呆な裁判官のせいでありえない判決になるとか……
「医療裁判では、しばしば、医師の常識に反する判決が下されてきた。裁判官はあまりにも医療医学に無知で、科学を理解していない」「日本医師会、日本医学会も、この裁判の経過を把握し、医学が曲げられたという事実を注視していただきたい」
医学に無知なのではなく、客観性を持って論理的に判断することが日本だと難しいということじゃないかなぁ…
@mari0212_d 53年よ!
後厄真っ只中ww

ところでこの記事のコメントの返信らん読んでみて。
先生クロっぽい?
医師は、「なんてことをするのだ」と思った判決だったけれど、一審の証拠物を検察が破棄しているらしい。この判決は疑わしいのか?
これ、
判決に至るプロセスや根拠、
医師や医療だけではなく、一般市民にも影響があり得る、気がかりな有罪判決だね。

これがまかり通ると、
きっと恐ろしいよ。
<The surgeon carnal abused an anesthetized patient
普通の医者には無縁な話
インターンで性格見て排除すべき
乳房ペロペロ胸写真で顔撮りって最低、余罪は>
森久先生のコメントあり。
納得がいかない事件だし、不当判決。
専門家の証言内容より、科学的でなくても裁判官が理解できるものを採用したと。 /
良記事。「女性にせん妄・幻覚があったかどうかの判断について、弁護側のせん妄研究の第一人者の医師らの証言より、検察側証人の司法精神医学による説明のほうが裁判官にとっては理解しやすかった」って、近藤誠に騙される知識人の構図とそっくり...
なるほど。参考に。裁判官に科学的素養が欠けているという点が弱みで、それが科捜研の杜撰な証拠保持管理を助長してきた、と。DSMとか結構曖昧な文言あるからそこも課題と思う。

乳腺外科医わいせつ事件の二審判決が「逆転有罪」となった理由(ダイヤモンド・オンライン)
すべてを映像などで残しておかないといけなくなるか:
しばの最新ニュース‼️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR