TOP > 政治・経済 > 中印国境紛争で垣間見えた、中国「一帯一路」の真の目的とインドの本気 | China Report 中国は今 | ダイヤモンド・オンライン

中印国境紛争で垣間見えた、中国「一帯一路」の真の目的とインドの本気 | China Report 中国は今 | ダイヤモンド・オンライン

長年にわたり国境紛争を抱える中国とインドは6月15日夜、ヒマラヤ高地のギャルワン渓谷で衝突。報道では両国で数十人の死者が出たもようだ。今回の衝突で見えてきたのは中国の「一帯一路」の真の目的と、新型コロ...

ツイッターのコメント(15)

どの国も膨張する筈、Americaがひ弱ったとき、インドが前面に立つ、、、

🔴🔵⚪
姫田小夏
国際・中国 China Report 中国は今
2020.6.26 5:25
プーチン「インドとは長い友達だ」
そんなわけでインドに武器輸出(^^)
「中国が打ち出した「一帯一路」構想から早7年、「現代のシルクロード」と交易の重要性を掲げながらも、実は武器輸送や兵団輸送のルートにも化ける。」引用
インドには、中国に負けず蹴散らしてもらいたい!
中国とインドは6月15日夜、ヒマラヤ高地のギャルワン渓谷で衝突
恥ずかしいから言わないけど中国軍の被害凄い。

死者100人越え

植物人間200人くらい

石投げて戦ったらしい
自分の金にしか関心がない政治家が中国を招き入れ、国民は蔑ろ? 日本も同じか。
中印国境紛争で垣間見えた、中国「一帯一路」の真の目的とインドの本気(ダイヤモンド・オンライン)中国の🇨🇳野望を打ち砕け❗️💢中国が打ち出した「一帯一路」構想から早7年、「現代のシルクロード」と交易の重要性を掲げながらも実は武器輸送や兵団輸送のルートにも化ける💢
「戦争になればこの情報が役に立つだろう」という言葉が刻まれて・・・ 中国はそのために1950年代から準備を進めていたということ???
「一帯一路」の真の目的
「中国が打ち出した「一帯一路」構想から早7年、「現代のシルクロード」と交易の重要性を掲げながらも、実は武器輸送や兵団輸送のルートにも化ける。そんな恐ろしさを露呈させたのが今回の中印衝突だ」
アメリカを悪者にしたい反日ダイヤモンドの頭の悪い記事ですね。

読むと損します。

中印国境紛争で垣間見えた、中国「一帯一路」の真の目的とインドの本気(ダイヤモンド・オンライン)
中印国境紛争で垣間見えた、中国「一帯一路」の真の目的と の本気
姫田小夏
2020.6.26

ギャルワン(ガルワン)渓谷衝突を発端に中国は大がかりな準備に乗り出した
鉄道による装甲車輸送開始し空中巡邏部隊、通信部隊、攻撃部隊が組織され、チベット自治区ラサ市では
中国はやはり暴力団と同じやり方で隣国を脅し縄張りを拡大する。が国連は警察官ではない。自分で対処するしかない事に目覚めなければ
中国が打ち出した「一帯一路」構想から早7年、「現代のシルクロード」と交易の重要性を掲げながらも、実は武器輸送や兵団輸送のルートにも化ける。そんな恐ろしさを露呈させたのが今回の中印衝突だ。姫田小夏さんのコラム。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR