TOP > 政治・経済 > 溶かした「農家の血税」は10億円、JA全中がシステム開発で痛恨のミス | 農協の病根 | ダイヤモンド・オンライン

溶かした「農家の血税」は10億円、JA全中がシステム開発で痛恨のミス | 農協の病根 | ダイヤモンド・オンライン

全国の農協を牛耳ってきたJA全中が、JAグループ内で追及の矢面に立たされている。きっかけはITシステム開発の失敗だ。全中は10億円もの損失を穴埋めするための費用負担を農協などに求め、猛反発を受けている...

ツイッターのコメント(11)

*ここまで来てもJAの硬直した組織と運営能力欠如が露呈して10億円の損失とは役員&開発担当は給与返上か引責辞任すべきだね!
これは例のアレですか?
これからどんどん流れる様に表に出てくるのでしょうね。
あっ、それで慌ててるのか(笑)
おかしいなと思ったんだよな。
ダイヤモンド・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!

【有料会員限定】
巨額の損失
小作農家が儲からないわけだわ
JAにJA全中は必要ない。
ダニだ。
それに気づかない組織もダメだな。
金食い虫の利権集票団体
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR