TOP > 政治・経済 > 韓国文大統領の「親北政策大失敗」を象徴するケソン爆破、元駐韓大使が解説 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

韓国文大統領の「親北政策大失敗」を象徴するケソン爆破、元駐韓大使が解説 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

6月16日午後、北朝鮮が開城にある南北共同連絡所を爆破した。連絡事務所の破壊は南北関係の清算を意味することを覚悟しなければならない。今回分かったことは、北朝鮮の軍事的挑発が決してブラフでないことということだ。...

ツイッターのコメント(12)

日曜日というのにさらに辛気臭い話。元駐韓大使としての経験から韓国政府には一貫して批判的な方ではあるが、論自体はそう間違いでもあるまい。簡単に言えば文在寅政権よりも北の方が現実的なのだ。
文さん結局コロナ以外全部大失敗、成果無しで終わりそう。経済と外交の点数低すぎっていうか問題解決能力無いねん。

| ダイヤモンド・オンライン
体制を考えたら残るのは北で南は吸収される方だよね
もちろん、統一ではなく、戦争の結果
メンツ潰されまくりだよなぁ
韓国文大統領の「親北政策大失敗」を象徴するケソン爆破、元駐韓大使が解説...... 知ったこっちゃないけどさ... な~んかGSOMIAの件といい、ホワイト国の件といい🥴文ちゃん八方塞がりな気がする🥴
北と連帯して反日やるつもりだったのにね、//韓国文大統領の「親北政策大失敗」を象徴するケソン爆破、元駐韓大使が解説(ダイヤモンド・オンライン)
文大統領が北朝鮮の軍事行動を牽制する為にすべきは、トランプ大統領との電話会談で、米国が韓国の後ろにいる事を北朝鮮に認識させる事、在韓米軍の駐留経費増額させ、米韓の懸案だった件を決着させるしか無い。其れと合同演習の再開がだが、デフォルト寸前の国に可能か!!

生活苦は住民の不満を増大させ最高指導者と現体制に対する不信につながる。こうした中、北朝鮮政府としては体制を維持し内部結束を図るための措置が必要だった。北朝鮮住民にとって最も効果的なのが韓国に責任を転嫁し韓国との緊張を高めることであったということだろう。
例によって、武藤正敏の文在寅ヘイト。南北統一は朝鮮民族の悲願である。韓国の文在寅大統領の宥和政策が間違っていると私は思わない。まして、朝鮮半島が南北に分断された責任は日本にある。加害国日本の人間が南北統一に口出しすべきではない。
この辺の南北の阿吽の呼吸はよくわからないが金与正氏が朝鮮美人だとか萌えてる場合ではなくなりそうな気はする。
手首切るブスvs優しくすると浮気を疑うメンヘラの様相
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR