TOP > 政治・経済 > 日本のコロナ致死率の低さを巡る「集団免疫新説」が政治的破壊力を持つ理由 | 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス | ダイヤモンド・オンライン

日本のコロナ致死率の低さを巡る「集団免疫新説」が政治的破壊力を持つ理由 | 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス | ダイヤモンド・オンライン

ノーベル賞受賞者である京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は、日本の新型コロナウイルス感染拡大が欧米に比べて緩やかな理由があるはずだとして、それを仮に「ファクターX」と呼んでいる。山中氏がその候補の1つとして挙げたのが、京都大学大学院の上久保靖彦特定教授と吉備国際大学の高橋淳教授の研究成果だ。ウイルスには最低でも3つの型があり、そ...

ツイッターのコメント(79)

山中教授の言うファクターXが日本人が武漢コロナ感染に強い理由か?

(ダイヤモンド・オンライン)
日本国民だけが騙されている
世界中から、奇人変人だと、
比喩されている・・・・

日本のコロナ致死率の低さを巡る
「集団免疫新説」が
政治的破壊力を持つ理由
@sosorasora3 こちらの記事です。
ぜーんぶひっくり返ってしまうかも。
なんだかちょっと都合が良すぎるように感じる。
欧米はK型の侵入は防いだのになぜG型は防げなかったの?
K型の抗体を持っているという確証はどうやってわかるんだろう?
「専門家会議は、そもそも「クラスター対策」を専門的に検証する能力がない人たちの集まり」

~ | 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス | ダイヤモンド・オンライン
最近の抗体検査の見てると、やはり感染者自体が少ない流れなんだよね…。
ソフバンのやつ見ると、不特定多数を相手する対面窓口よりも、みっしりしてるコールセンターの方が抗体保有率高い。カラオケ、ライブとか狭い所で声を出すシチュエーションがてきめんとか、環境大事。
@ak_tch
この記事に引用されている研究によると、中国に近い国は弱毒性のウィルスが広がったせいで、次に来た強いウィルスの感染が少なくなったのだと。
この説が正しいか否かはさておき、興味深く読む。
とてもわかりやすかった。
面白い説だがこれが真実でないことを祈る。
これだと免疫が消えた後の第2波が怖い…
S,K,Gの3種類あるCOVIDのうちKの集団免疫を持つアジア人はGに対して有効で、Sの集団免疫を持つ欧米人はGに対して無力という説。実証されると今までのCOVID対策が全て無駄であった証明になるので、政治的に検証を妨げる圧力があるのではという記事。
コロナ対策は「日本モデル」ではなく
都合のいい部分だけ自賛の「安倍モデル」
答え合わせが出来る時は来るのだろうか。
自分は、海外からの旅行者と会う機会が多い職場だから、去年の12月から「S型」「K型」「G型」順番に感染していったんじゃないか…と。
この説は自分の考えと近いけど、クラスター潰しや自粛に意味がなかったとは思わないな。それぞれの対策があってこそ犠牲者が少なく済んだ。
『新型コロナウイルスの重傷者・死亡者の抑制とは、実は関係がなかったということにもなるのだ。』
だから前からそー言ってたよね?
(中略)~そもそも「緊急事態宣言」の発動は必要だったのか、という疑問がわいてくる。また、「全校一斉休校」の決断やその度重なる延長は正しい判断なのか、さまざまな業種に休業を要請し、経済に多大な損壊を負わせたことは正しかったのか、という論点も当然浮上するだろう。
この説が正しければ山中さんはすごいな。
今回の新型コロナ問題では、仮説を立てられる専門家より、結果の数字を先入観なく追える素人の方が、より問題の実相に迫っていたのかもしれない。
ずっと言われてたじゃん!
ただ、『お願い』だけでここまで上手くいった国は無いかな?
経済を回していきましょう!

| 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス | ダイヤモンド・オンライン
日本の感染者の少なさの理由はまだ明確には分からないが、ここは推測ではなくまず事実だけを整理した方がいい。
すると安倍さんのいう日本モデルが良いというのはただの政治的な発言でしかない。
記事を読み終わり、改めて仮説を立てることの大切を感じている。仮説が無いと検証できないからね。

→上久保誠人のクリティカル・アナリティクス |
どんどんわたしの味方記事が出てきてワロタ
新型コロナウイルスは長い戦いのうちのほんの序盤?
でも、こまめな手洗いからマスク着用や三密を避けるなどを守れば、ちゃんと予防できることを知った。
万が一ウイルスが強毒性になって、今度は若い人が次々と倒れる事態になっても、感染を防止する手段は変わらないだろう。
記事のリンク張ってなかった…
COVIC19に3つの型があり(S型、K型、G型)、その広がり方が重症化に至るかどうかの鍵という説。

S型あり→G型来る→重症
K型あり→G型来る→軽症(K型が集団免疫の役割)

COVID19について分かっていないことが多い、ということが改めて分かる💦
(まだ二日あるけれど)今週のヒット?
集団免疫新説の政治的破壊力

□ダイヤモンド
一つの仮説として。
記事の根拠扱いされてる報告書読んでみたけどまだ仮説段階やった。まるで証明された真実みたいに扱うのはあかんやろ。そもそも遺伝子型の分け方すら他の研究がないから怪しい。
この説が証明されんかなあ。山中教授も注目しとる。もしこの説が証明されると、「新コロ撲滅戦争」は確実に終わる。そして今までの新コロ対策はすべて無駄だったと証明される。僕は直感で去年から新コロ入ってるのでは?と言っていたが正解だったかもしれない。
文系って馬鹿だなぁ
とても興味深い説……。でも記事の最後の方の筆者の疑問は否定されるかな。分母が増えれば重症者も増えるけど、人工呼吸器と病床の数は限られてるからな。
(ダイヤモンド・オンライン) - LINEアカウントメディア
以前にツイートした仮説の詳細っぽいんだけど、仕事が終わってから読みたいので、行方不明にならないようにここに置いとく(笑)
日本は当初入国制限が武漢だけだったため無症候~弱毒のS(サキガケ),K(カケル)型が流入して強毒性のG(グローバル)型にも集団免疫ができたという説。非常におもしろいよくできた筋書きだけど
先行して流入したコロナウィルスによる細胞性免疫が、日本の低死亡率の理由という興味深い研究。
「政治的に気に入らないから色々理由を付けて安倍政権を否定したい」

と理解しました。
京都大学大学院の上久保靖彦特定教授と吉備国際大学の高橋淳教授の研究成果を採り上げるのはいいが、既存の政策を否定する必要はなかったのではないか。
「日本のコロナ致死率の低さを巡る「集団免疫新説」が政治的破壊力を持つ理由」
東京とか東北でやった抗体検査でかかった形跡がすくなかったので、この理論も弱そう。大規模抗体検査で補強されるか、ほうむりさられるか>
これ、ざっくり読んでも、安倍首相のトンデモ対策でも集団免疫のおかげでラッキーなことになっている
いちいち政権批判を刷り込む感じが気に食わない。仮説だろ?
久し振りだ。どこかの能天気の妄想をどこかの能天気が記事にする。人類にとって君達の思考や意識や見識や見解が必要だと思うのか?(笑)
コロナ対策は結局何が正解か誰もわからない。ライブハウス等に遊びに行くことが結果として致死率を下げることもある。都合いいと言われても結局根拠はわからない。だったら好きな事をする。
トドメを刺せるか?ファクターX
とても面白い(^^)。
コロナにSKGというAKBのようなグループがあったとは🤣。
とても納得感のある理論の簡易な解説。

前半の、AB氏によるお笑い日本モデルへの嘲笑も楽しい🤣

「日本のコロナ致死率の低さを巡る「集団免疫新説」が政治的破壊力を持つ理由」
この説、面白いかも~
「多くの日本人がすでにコロナの免疫を獲得している」という集団免疫新設。これが本当ならば、なぜ日本やアジアで抑えてるか辻褄が合う。型まで判別出来るPCRや抗体検査がないとダメやん!って事でしょ?日本人なら大丈夫説が消えてまた身が引き締まった。一読の価値ありです
ちょっと複雑だがなんとか理解はできる
ふむふむ。
もっと見る (残り約29件)
 

いま話題のニュース

PR