TOP > 政治・経済 > 「直接会えば仕事が進む」とテレワークを嫌がる旧来型社員の幻想 | 及川卓也のプロダクト視点 | ダイヤモンド・オンライン

「直接会えば仕事が進む」とテレワークを嫌がる旧来型社員の幻想 | 及川卓也のプロダクト視点 | ダイヤモンド・オンライン

新型コロナウイルスの感染拡大で広がるテレワーク。日本では、こういう状況になっても「本来お会いすべきところを、誠に失礼ながらオンラインで」といった考え方や抵抗感がいまだにあるが「オンラインがオフラインの...

ツイッターのコメント(30)

言葉があるのだから言葉で伝えればいいじゃないかという話に大賛成。
「オンラインでは話の真意が伝わらない」とするのは、相手にハイコンテクストを強要していることに他ならない行為/必要なことは言葉できちんと伝えるという習慣が広がれば、誤解が生じなくなり、これまで言外の配慮や忖度により、誤って実行されていたようなこともなくなるかも
まったく同感。対面2、リモート8位で充分だし、生産性も上がる。
信頼できる繋がりがあればリモートでもかなり踏み込んだ議論が出来る。リモートやプロジェクト型の仕事が増えていくと、一定、安心してお互いに仲介が出来る関係は非常に有難い /
😅すいません、今は令和。

「こんな時期だけど、直接お会いしたい」
こうした連絡をしてくる人の思考回路
ほんそれ
”「オンラインでは話の真意が伝わらない」とするのは、相手にハイコンテクストを強要していることに他ならない行為です。”
|  要は自分の不安感の解消なんじゃないかと思うんだな。仕事できる人でこんなタイプ見たことないもの。
この幻想にいる限り未来はないかなと思いますね。変われないわけですから /
つまり「真意」ではなく、「言葉があるのだから、きちんと言葉で伝えればよい」という話なのです。
"こういう状況になっても「本来お会いすべきところを、誠に失礼ながらオンラインで」といった考え方が、いまだに根強くあります。"

凄い分かる。
"真意」ではなく、「言葉があるのだから、きちんと言葉で伝えればよい」という話なのです。"
ダイヤモンドらしい煽りタイトルと極端な論調なので反論たくさん来そうですが、こういう視点もあるかなという記事です。考えるきっかけになれば。//
|
テレワークをする場合、仕事の内容の確認やベクトル合わせをするためにはFace to Faceは必要と思います。ただ、それはプロジェクトの最初とか、その後は1週間に1回程度で済むでしょう。
テレワーク業務遂行での対立構図は「新・旧」なのかな? /
オンラインに酔い過ぎではないか?

確かに便利で、効率がよくなって、仕事に支障がないといレベルかと。
会って話すことに、オンラインが勝てるわけないと思うが。

会ってまで話す必要がないので、オンラインってこと。
この筆者は「仕事の本質」を、単に物事を処理することとしか考えてないんじゃないですかね。

まぁそういう世界もあるのかもしれないけど、話をする・説得する、といった社会での仕事の大半は「自分」と「相手」の課題...
この方の書かれてることに賛同出来ますね。日本の会社の非効率的、非論理的なことが、この流れの中で激減していくことを願います。無駄な会議、忖度、ハンコの長い列… ウンザリしてましたから😂
「会わないと出来ないこと」を見直す良い機会。
「無駄に会いたがる」は、旧型営業マンの代名詞になるでしょうね。 /
会うのが仕事と思っている世代と職種がいるからなかなか改善しなさそう。 /
これはある意味仕事できないから来ましたってことになる→<直接会わなければならない非礼を
わびる日が来るかもしれない>
本文より「「会って話したい」タイプの人は、直接会うことで仕事の“何か”が加速される、あるいは解決すると信じている」
「「直接会えば仕事が進む」とテレワークを嫌がる旧来型社員の幻想」
ダイヤモンド
オンラインがデフォになって、“直接会うことになりすみません”という時代になりますね。ほんとに会ったりしないと伝わらないだろうという考え方は相手に解釈を委ねて自分の伝達スキルが削がれ努力が足りないことに気がつきましたよ最近
会いに来るのは頭おかしいけど🥺

リモートが大正義みたいなのはどうかなと思う🙋‍♂️🙋‍♂️

今までの働き方を否定するんではなくて双方いいとこどりでいい‼️
いらっしゃるんですよね、相変わらず。ともすると、やる気が無いみたいに叱られたりする(苦笑)いやいや、時間もったいないですよね、って言いたいところですが。

社内教育でいうと、やはり社会人スキルの低い人の場...
(ダイヤモンド・オンライン) 新型コロナウイルスの影響でテレワークを活用する企業が増加していますが
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR