TOP > 政治・経済 > コロナ最前線・武漢で「地獄」を体験した医師や看護師たちの声 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

コロナ最前線・武漢で「地獄」を体験した医師や看護師たちの声 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

中国の新型コロナウイルス肺炎は、感染のピークが過ぎ、中国各地から武漢に派遣された医療支援チームも続々と、それぞれの地元に戻っている。彼らは武漢という新型コロナウイルスが猛威を振るった「最前線」でどんな...

ツイッターのコメント(28)

@AuCwFEcI9js5zOy 途上国に支援するらしいが、途上国って対コロナ戦の最前線で働く医療従事者の為に雨カッパの寄付を募った我国の事ではないのか?

ちなみにこれは中国武漢でコロナ医療に携わった医療従事者の写真ね
先陣をきった中国。
平気で悪口言える連中は 虐めを目の前にしていじめに加担するのだろう そんな人間性が露わになった。
この記事も十分酷いが、実際のところは記事に書けず、もっと悲惨なのだろう😢中国で感染者増が抑えられているのは、いつもの情報隠蔽か、本当に感染が広がってないなら、ワクチンがすでに存在して隠している可能性有り😾💢
日本は学ぶことが出来たはず
今のゴタゴタを見てると
日本の対応は頼りない

中国の隠蔽がなければ
まだ違ってたかもだけど
中共の情報は信用できないが医師、看護師の献身は本物。
壮絶

多くの女性看護師は生理用品が足らず、仕方なく防護服を汚したまま仕事を続けなくてはならかった。
@kyoko770719 中国でもそういう記事あった🥺😰
同じ轍を踏まないことを祈るのみ
口封じ…って。頑張った医療従事者はすげえよ。だが国が糞すぎる
♯コロナ♯情報隠蔽♯医療崩壊
どう見るかはそれぞれだが思想や宗教ましてや民族に関係なく命の危機にある状況を目の当たりにして人として医療者としてまさしく命を懸けて闘った事実があったことを知るべきでさいたま市のホテル旅館組合が軽症者を「受入れがたい」との表明は恥ずべきことだ!!
中国が武漢に大量に医師や看護師を派遣したという情報を、テドロソはWHOのトップとして早く判断し、世界に発信していってればここまでの感染者や死者は出なかったと思う
他の国とは違って緩いけど、医療従事者をこんな状態にさせないためにも大切な人を守るためにも出今来ることをして食い止めよう!医師・看護の分野はオールマイティではなく其々専門分野でしか動けない事も理解しよう
この記事の信憑性は極めて疑わしい‼️王青とあるが本当に真実が記されているとは思えない‼️中国は武漢ウイルス災禍が終息したというが有り得ない‼️中国は再感染爆発の可能性大だ‼️
中国は本当に落ち着いているのか?

武漢だけで終わっていることが疑問
欧州、アメリカ、日本でも地域に広がっている
なのに、武漢だけ?

その時点で信用できない
今回、武漢の病院の医師の多くが「このコロナ騒動が終わったら医者をやめたい」と漏らしている、と聞く。
それはそうと、中国政府は十二分な報酬を払うんだろうな?
こんな地獄を経験させておいて「お国のため」なんて通らないぞ!
働きをキッチリ数字で示せよ、国の功労者なんだから・・。
>新型コロナウイルス肺炎は1月中旬から武漢を中心に感染が中国全土に拡大…武漢の病院は患者であふれ、崩壊した
>病院の玄関で急に倒れて亡くなった人、病室に運ばれる前に亡くなった人、入院できず自宅で亡くなった人も多かった
→武漢で「地獄」を体験した医師や看護師
もう、場所によっては始まっているかもしれないが……
地獄が始まらないことを祈る!
無視できない貴重な証言。
日本はどこまでできるか⁉
「(中国では)今回の新型コロナウイルス肺炎の経験を通じて、多くの国民は「医師は、やっぱり科学者と並び、国の大切な宝物だ」と改めて気づかされたようだ」
日本ではコロナウィルスの症状が出ている人がたらい回しになってしまうケースもあったり、1〜2週間の潜伏期間があるわけだから、2週間後には最悪なシナリオという専門家もいます。
こういう話からどうしたらいいのか!?永田町の先生方は知恵を絞ってほしいものです。
中国の新型コロナウイルス肺炎は、3月に入り感染のピークが過ぎて、武漢の仮設病院も役割を果たし閉鎖された。湖北省に約50日間滞在した、中国各地からの医療支援チームも続々と撤退し、それぞれの地元に戻った。
武漢に派遣された
各地の医療チームが地元に戻りつつある
 中国の新型コロナウイルス肺炎は、3月に入り感染のピークが過ぎて、武漢の仮設病院も役割を果たし閉鎖された。湖北省に約50日間滞在した、中国各地からの医療支援チームも続々と撤退し、それぞれの地元に戻った。
自分の子どもは医師になってほしくないと考える医師がもともと増えていた……
武漢に医療チームを派遣する各都市では、医療チームのスタッフたちの壮行会を行った。その様子は、まるで「戦地」に行くかような、悲壮感にあふれたものだった。王青さんのコラム。  新型コロナウイルスの拡大は、中国の医師や看護師らにとって、あまりに過酷であった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR