TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・プリンセスの呆れた感染対策、厚労官僚はなぜ暴走したのか | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド・プリンセスの呆れた感染対策、厚労官僚はなぜ暴走したのか | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

175コメント 登録日時:2020-02-20 05:45 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

岩田健太郎・神戸大学教授がYouTubeで告発した、ダイヤモンド・プリンセスのお粗末な新型コロナウイルス対策。アフリカや中国と比べてもひどいという感染対策そのものも大問題だが、意見を口にする者を現場から締め出すという、徹底した「言論統制」を敷いていることも明かされた。なぜ、エリート揃いの厚労省が、こんな暴走をしているのだろうか。...

ツイッターのコメント(175)

@yaya_weedflower @Hiroki_Komazaki まさかまさか「レッドゾーンとグリーンゾーンに明確に分けることもしておらずグチャグチャ。どこの手すり、どこの絨毯が汚染されているかもわからないというカオスな状態」じゃないですよねぇ。
情報軽視。もはや戦後ではなく戦時。
ダイヤモンド・プリンセスの呆れた感染対策、★厚労官僚はなぜ暴走したのか ★自己保身が最優先の人格は平気で国民を犠牲に(殺す)する異常集団 |
なぜ国民の命を第一に考えてくれないのだろう‥保身の為にここまで感染拡大して自らの首絞めてるのが分からないのかね😰😱😭
あまりにも酷い対応に吃驚。
 安倍自公政権に国民の生命と安全を守る気はない。
 日曜討論で公明代表が自民、維新以外のメンバーが失笑する主張。
自己保身カルチャー
たしかに旧日本軍的な要素はにじみ出ている。豚コレラの反省も全く生かされていない。
//
実際 岩田教授叩きは「言論統制」でしたね・・
政治家は票取りの為に高齢者寄りだけど、官僚はちょっとくらい高齢者が死んでもいいと思ってんのか?
「いろいろなご意見があるかもしれないが、筆者は厚労省という組織が、やはり自国民の命を軽視して暴走した『旧日本軍』の系譜にあるからではないかと思っている」
最前線の人たちは超優秀な人材揃いだと思っています。
厚労省に受け継がれる
「旧日本軍」の系譜…?(笑)

政府や高山氏や乗船関係者の話は全部スルー。

サヨク好きの通常運転です。
窪田順生氏はダイヤモンド・オンライン→Literaへ!

納得。医師の絶対数不足を「偏在」と片付けてきたのも同じ‼️😢😢
 この「情報軽視」というのは旧日本軍という組織の最も際立った特徴だったのだ。ご存じのように世界の戦史研究家たちの間では日本の旧帝国陸海軍は「情報戦」に失敗した組織の典型例として語り継がている。
今回の新型コロナの感染拡大について、厚労省が後手後手な対応をしているのは情報をうまく使って先手先手の対応が出来てないから…。
古くは薬害何とか、年金何とか、勤労データ捏造他、、今回も自己保身に走った厚生労働省の官僚、政治家😿
少なくとも、政府の専門家会議の立ち上げが遅かったのは間違いない。
この記事は一見もっともらしいことを書いている。しかし、岩田氏のような「危険分子」がなぜ船内に入れたのか。こちらの杜撰さには触れない。ここ問題⇒
幸いというか中国発コロナ系SARS (2002.11.1ー2003.7.31)、サウジアラビア発コロナ系MERS (2012ー未だ殲滅に至っていない)は日本に入ってこなかったが、だが近年①
非常に読み応えありました
桜観や不倫よりこっち重要

厚労省解体
情報軽視は正しいと思うが、
自己保身については
ただの成績•学閥優先が原因かと…
日本の対応には呆れるだけだが、今に始まったことではない。でも今回は世界中にその幼稚さ、無能さ、危険性が知らされた。
このカオスな状態が、東京全てが、この状態になってしまった、これを招いた政府の責任は余りにも重い。
上杉隆さんが動画で名付けた「エリートバカ」ですね。
"こういうクサいものにフタ的な組織からすれば、岩田氏のような人物が「危険分子」であることはいうまでもない。"
酷くて最後まで読む気にならん😅
厚生労働省、闇すぎる。
かつ人命に関わりすぎる

厚労官僚はなぜ暴走したのか |
私だけではなく、厚労省の無策無能の原因を旧日本軍に求める、こういう言説も出ているし、安倍独裁の今、この国が大日本帝国のままだったという認識は必要だろう。★ダイヤモンド・プリンセスの呆れた感染対策、厚労官僚はなぜ暴走したのか|窪田順生|
Good Good! 論説
重要なのは「決死の告発」ではなく現実的な対処策があったか。後知恵で「こうやったらできた」と渦中の現場を非難するなど愚の骨頂。
<「このデマを真に受けて、多くの乗客、医療従事者、自衛隊などの支援スタッフがウイルスにさらされた」……
激しく同感する。
: 「大本営体質」について
もう最悪。
世界に対して恥ずかしいの一言。

官僚のせいにしたら可愛そう。
元凶は、お抱え医科大学の大先生だろ。
過信する加藤大臣や橋本副大臣の責任も大きいね。
まさに!😆
今回のはなかなかおもしろかったわw

筆者は厚労省という組織が、やはり自国民の命を軽視して暴走した「旧日本軍」の系譜にあるからではないかと思っている。

|
岩田健太郎氏を批判する人は読んだ方がいいです。→
何がほんとか知らんけど
いろんなこと書いてあるな

(ダイヤモンド・オンライン)
厚労省幹部が2人感染という、情けない状況になるのもわかるね…
クルーズ船の陣頭指揮を感染症の専門家でもない税金不倫旅行の大坪審議官が陣頭指揮を取ってるんだと。安倍晋三と自民党公明党政権は何を考えてるのか💢国家から遠ざけたかったダケではないのか💢
まさにこういうこと。
「ダイヤモンド・プリンセス号の542人感染者」は、これから始まる大きな悲劇の序章
「ニュースの見出しだけみると世は崩壊へと加速しているように見えるが、錯覚です」と書いたが、「お上のやることを批判するな」という意味ではないです
厚労官僚早く辞めろ。安全だと言うなら言ってみろ。日本の恥じさらし。

オリンピックも恐らくおしマイケル。
岩田教授は動画削除したのだが。/
はいはいはいはい、欧米がすごいんですね。はいはい
ネット記事にどれ程の信頼性があるのは甚だ疑問だが
現場から出る声

綺麗なスーツを着ている人の話
ではどちらを信用するべきかは大きな判断材料だと思う。
自己保身と責任回避しか見えない政治家・役人の声は今のところ全く信用できない。
「実際、今回の新型コロナの対応を見ていると、厚労省は旧日本軍の思想を引き継いでいるとしか思えない。厚労省の感染対策に批判的だった岩田氏をダイヤモンド・プリンセス号から追放したのは、軍部に批判的な人間を次々と投獄して拷問をした「言論統制」と丸かぶりだ。」
剣呑なかんじがするけれど、メモというか記録のためにツイート
「ダイヤモンド・プリンセスの悲劇」厚労省は「船の中に閉じ込めて陸に上げなければ、国内の感染は防げる、それなりに意味があるはずだ」というとんでもない思い違いをし、情報を隠蔽、場当たり的な対応に終始した。2月5日以降感染が拡大していたら国内で感染爆発が起こる。
たった2時間いただけの医師の言い分を鵜呑みにするのはどうかと思う→
今日のイベント自粛要請はしない発表を見ても未だ自己保身。
現場の人に慰労の気持ちはあるし、今でも良し悪しじゃないと思うけど、今日死者を出した事で厚労省には弁解の余地は無い。
俺達は難しい事をやってる?組織を守ってて、結果にベストを尽くして無い。解体かなぁ。
❓❓❓

元締めは安倍晋三です‼️
厚生労働省は付録です!
船内感染に600人も汚染した
責任を安倍総理に問います

船内感染者の方は
安倍晋三と厚生労働省を
訴えるのが筋です‼️
*こんな基本知識も無い内閣&厚労省はもう信じられないね!
岩田先生支持だけども、この記事はひでえやw個人ブログにでも書いとけよ。
「厚労省の前身・厚生省は(中略)旧陸軍省と旧海軍省を吸収している」「厚労省が旧日本軍の組織文化を引きずっている」という話。>『 | ダイヤモンド・オンライン』
「カミカゼ感染対策」
ダイヤモンド・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
良いかい?ダイアモンド・プリンセス号が今の日本の全てを語っている。どんなに医療技術が優れていようとも、どんなに医療設備が整っていようとも頭が腐っていたらアフリカや中国より酷い対策しか打てんのだよf(^_^;自民党というのはそんなものしか提供できんのだよ!!
厚労省の異常ともいえる今回の不手際を、旧日本軍からの系譜であるとした説は面白い
先にツイートした通り、僕もこの一件では旧日本軍を強く想起した
エリートだから。
「古くは薬害エイズ問題、消えた年金問題、近年では毎月勤労統計のデータ捏造、介護保険料の算出ミス、シベリア抑留者の遺骨が日本人のものではないと知りながら放置していた問題など、厚労省は不祥事が絶えない。」
旧帝国陸軍大将の提唱で設立された厚生省の遺伝子が万歳突撃精神を伝統としているのかもねw結果は負け戦なわけですよ。>>>
ちなみに、これでもっとひどいことになっても厚労省の責任は問われない。どんな不祥事もあの人が守ってくれるから。頼もしい限りだ。
今日一番の「なるほど」はこの記事。厚生労働省の前身組織に旧日本陸海軍が含まれている。終戦直後など影響は少なくなさそう。
厚労省は旧日本軍というトンデモ記事。まあ、こんな非生産的な記事でも、厚労省叩きの空気の中ではページビューを稼げるしな。
そもそも報道側は、船内での具体的な感染対策を最初から報じるべきだったのに、ただ感染者数を並べて大変だと騒ぐだけだったという反省はあるのか :
厚労省と初動対応のダブルミス⁉️
官僚はマニュアルロボットやし当然やろ
自分で考える頭がないだけ!
@kantei

クルーズ船は水際対策の防波堤にはならなかった
反対に感染者を増やしサポート要員も感染し重症者を増やし死者も出た
巨大なクルーズ船は閉鎖空間における感染拡大の巨大な実験場になった
厚労省の不手際は安倍内閣の不手際だ
専門家を軽視したツケが最悪の事態を招いた❗️
目下厚労省が封じ込めに成功しているのはウイルスではなく世論の様だな
厚生省の専門家集団がそんな杜撰な事をするとは思えない。
では、何故初歩的な対策が成されていなかったかというのは、乗員・乗客達を使って人体実験をしたからではないのか。
旧日本軍の系譜を引継いでいるとしたら有り得る。
自衛隊のBC関係者も乗船しているのでは。
政府や厚労省がキチンとした内部情報を公表しない限り、この見立て通りの暴走をしていると感じざるを得ない。
「意見を口にする者を現場から締め出すという、徹底した「言論統制」を敷いていることも明かされた。世界の常識と大きくかけ離れ、医療従事者が玉砕覚悟で現場に飛び込む「カミカゼ感染対策」ともいうべき、支離滅裂な“ウイルスとの戦い”が繰り広げられている。」
無能だから。
:安倍施策レベル
70年前の軍の話しを引き合いに出してる時点で煽り文?>
令和なのに昭和前期の臭い。
乳児がいるとインフルエンザでさえ過敏になるのに…。
・アフリカや中国と比べてもひどい感染対策
・北朝鮮も真っ青の 言論統制

これがネトウヨの言う「素晴らしい日本」の実態だよ
楽しみにしていた窪田順生さんの分析ですが、最後の一行が恐ろしい→
「ダイヤモンド・プリンセス号の542人感染者」は、これから始まる大きな悲劇の序章なのかもしれない。
厚労省が旧日本軍の組織文化を引きずっているとしたら今回のウイルスとの戦争の行く末はかなり暗い。国家の体面やエリートの保身の為に「みんなで立ち向かえばきっと勝てる!」な精神論によって多くの国民が犠牲になるからだ
Dプリンセスの呆れた感染対策、厚労官僚はなぜ暴走
動画削除の流れから梯子を外された報道。
これから報道だけが暴走していくのでしょうね。
責任取れるの?
古くは薬害エイズ問題、消えた年金問題、そして近年では毎月勤労統計のデータ捏造、介護保険料の算出ミス、シベリア抑留者の遺骨問題ーーたしかに酷い。
正式な許可を取らず、勝手に乗り込んだ活動家の言うことを真に受けるのだろうか?
感染症の専門家でもないし内部のことがわからない。現場にしか分からないことがある。事実関係がわからないのにあーだこーだ言ったところで現実は変わらない。僕らができることはコロナウイルスに感染しないように自分自身の身を守ることである。  #ダイヤモンド・プリンセス
薬害エイズ問題、消えた年金問題、毎月勤労統計のデータ捏造、介護保険料の算出ミス、シベリア抑留者の遺骨問題など、厚労省は不祥事が絶えない。

共通するのは、改ざんも隠蔽もいとわない、何か大きな問題があっても見て見ぬふりをする、自己保身カルチャーだ。
内部から腐っていく日本。第二の黒船が来ないと変われないのかもしれない。
岩田教授は正しさ最優先で空気を読まない。でも対処要員が一生懸命でも対応ができなければ瞬殺される。ウイルスにはこちらの都合は関係ない。
「汚染された船内で、素人が考えたような雑な感染対策をしていても、二次被害や三次被害が広がっていくだけなのは、岩田氏のような専門家に助言を仰げばすぐにわかる。」
官僚は頭がいいという妄想が原因でしょ。中には高い危機意識や思考力の人もいるにはいるが、大多数は暗記が得意なだけの人々。一般庶民と大差ない。
「厚労省の前身・厚生省は敗戦後、大陸や南方に取り残された日本人たちの復員・引揚事業を引き継ぐ形で、旧陸軍省と旧海軍省を吸収している」んだって、、、怖
確かに日本の感染対策は無に等しいです。正しい対応を行うと個人情報保護法に抵触する事が出てくるからです。国はそれが次の選挙に差し障るから対策を取らないのです。旧軍とは無関係?
「厚労省が旧日本軍の組織文化を引きずっているとしたら、今回の「ウイルスとの戦争」の行く末はかなり暗い。国家の体面やエリートの保身のために、「みんなで立ち向かえばきっと勝てる!」みたいな精神論によって、多くの国民が犠牲になるからだ。」
・薬害エイズ問題
・消えた年金問題
・毎月勤労統計のデータ捏造
・介護保険料の算出ミス
・シベリア抑留者の遺骨放置
C型肝炎、直近では失業給付の計算ミスも。

船客は訴訟してほしい。

ダイヤモンドプリンセスの呆れた感染対策、厚労官僚はなぜ暴走したのか ダイヤモンド
あの先生の動画、削除されちゃったのか。。。怖い国になったもんだ。
無能な官邸、官僚!
出口検査もせず放たれた乗客!
2週間後、どう広がるか恐ろしい。
現場で戦う高山医師が自身のフェイスブックに岩田医師への回答、現場の状況を端的に明快に書いておられます。
岩田医師は謝罪とともに動画をすでに削除済みです。
非難の記事を書いてはいけないと言わないが、充分な取材がされたのか非常に疑問
今の時点で“厚労省官僚が悪い”を広める事が、何かの役に立つと思えない
岩田先生の意見の裏取り(別の専門家、当事者に聞く)をした上で、記事を書いたのだろうか?

「官僚を批判したい」という思いが根底にあって、その思いを発露できるネタを見つけたら、一つのソースだけで、 批判をしてしまうことには、なっていないよね?
ド素人である厚生労働省官僚の稚拙な対策を正当化するために感染症の専門家さえ排除するのが反知性主義を謳歌している日本の官僚機構である。 -
もっと見る (残り約75件)

記事本文: ダイヤモンド・プリンセスの呆れた感染対策、厚労官僚はなぜ暴走したのか | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

いま話題の記事