TOP > 政治・経済 > 定年直前の58歳で家を購入!住宅ローン4000万円の危険すぎる老後 | お金持ちになれる人、貧乏になる人の家計簿 深野康彦 | ダイヤモンド・オンライン

定年直前の58歳で家を購入!住宅ローン4000万円の危険すぎる老後 | お金持ちになれる人、貧乏になる人の家計簿 深野康彦 | ダイヤモンド・オンライン

今回のご相談者は、住宅の購入を考えているという58歳の女性です。25歳の長男と同居することを前提とした購入のようですが、資金面で厳しい事情を抱えていらっしゃるようです。

ツイッターのコメント(10)

〈1〉

【一部抜粋】

今回は一戸建てで試算したが、購入して20年近くたてば外壁、屋根のリフォーム代もさらに数百万円を予備費として考えておかなければならないでしょう。
|
何て冒険家だ
ダイヤモンド・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
銀行の審査を受けてローンがくめると言うことは問題無しですね! 今後は誰も貸してくれません。
不動産業者は「大丈夫」と言うかもしれませんが、FPが総合的に判断すると、住宅購入は見送るのが賢明と思います。住宅購入後には、ローン、利子、不動産取得税、固定資産税、登記費用等、個別事情により様々な支払いが待っています。事前相談が購入後の命運を分けますね。
低金利が続いているからでしょうか、この手の話の借り入れ額がものすごく上がりましたね。
「定年直前の58歳で家を購入!住宅ローン4000万円の危険すぎる老後」
ダイヤモンド
言葉悪いけど……アホとしか思えない…
キャッシュで買えないなら、買うもんじゃない…この歳になって…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR