大企業に勤める人こそ「副業」を持つべき理由 | 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏 | ダイヤモンド・オンライン

柔軟な働き方への関心が高まる中、自分のスキルや経験を生かすために「副業」をする人が増えています。自分のキャリアの発展という視点で見てみると、「副業」には多くのメリットがあるといえます。

ツイッターのコメント(21)

会社の大きさに関係なくしたいことがあれば副業したらいい。副業を解禁する企業も増えてきたけど、副業の人を受け入れる企業も増えて欲しい。一部の優秀な人だけでなく、働き方の多様性を広めるには副業の受け入れ解禁も必要。大→小だけでなく小→大の副業も広まったらいい。
>>「外の風」にさらされて見えなかった価値に気付くことも
これ結構大事。もやもやしてるけど踏み出せない人は、リクルートのサンカクをお勧めします。
前・何故、サンカクするのか。 中・本気で取...
大企業に勤める人こそ "副業" を持つべき理由   “副業”についてはH30年に厚生労働省でガイドラインが作成されるなど社会全体で副業を後押しする姿勢が見られます。副業の位置づけ方や、効能、クリアすべき点など、"副業"や"新しい働き方"に興味のある方はぜひご覧ください。
どっぷりと一つの会社に染まらず、身に付けたスキルを社外で試すことで、自分の市場価値試すためにも大企業サラリーマンは副業はすべきやな
| 転職で幸せになる人、不幸になる人 

「大企業でも45歳になると希望退職の募集が始まるようになっています。そのときになって初めて外部の人材マーケットと接するのでは遅過ぎます」
副業というか、ライフワークは持っておいた方が良いとは思うが。でもそれって収入や利益は度外視してでもやりたい事だからね。 / (Diamond Online)
同意しかない記事。大企業での勤務に甘んじて、自社でしか通用しない能力だけを武器に45歳で社外に放出されるのは避けたいですね。ぞっとします。

| 転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏 | ダイヤモンド・オンライン
大手企業は本業がハードではないので副業との相性は非常に良いですね。

私は今年中に副業の収益化を目指します!

そろそろ色々と動き出します😊
同じ働き方を続けると、それが当然になってしまうので、外の空気を吸うのは良いですよね。自社の価値に気付くきっかけにもなり、自分の強みに気付くことができる。まったく違う業界での副業も...
 
PR
PR