TOP > 政治・経済 > 中国発の新型肺炎、不都合発言もみ消す当局の「隠蔽体質」に世界が恐怖 | China Report 中国は今 | ダイヤモンド・オンライン

中国発の新型肺炎、不都合発言もみ消す当局の「隠蔽体質」に世界が恐怖 | China Report 中国は今 | ダイヤモンド・オンライン

中国で新型コロナウイルスによる新型肺炎が発生し、感染者は周辺諸国に拡大。2003年に8000人を超える感染者を出したSARS(重症急性呼吸器症候群)が脳裏をよぎる。SARSの時に最も問題になったのは、中国政府の隠ぺい体質だったが、果たして今回はどうだろうか。...

ツイッターのコメント(26)

@ramune11044518 @RyoTakeuchi2333 SARSの時も隠蔽しましたよね 隠蔽していると言っているのは、アメリカだけじゃないですよ分かっているだけでイギリス、フランス、台湾など、 都合が悪いとネトウヨ、客観的に物が見られない洗脳された単細胞な人ですね
次のいい訳を考えて来て下さいね!

#新型肺炎 #中国 #共産党 #習近平 #独裁者 #隠蔽 #全体主義 #人災 #中国共産党はナチス #習近平はヒトラー #チャイナリスク
まさにこれ。この国は昔からそういう体質だったんでしょうが、春節で大移動があるのは承知の上だったはず。ならば去年末流行し始めた段階で封じ込めに転じるべきだったのでは?
この体質が対応を遅らせた結果、世界的大流行の原因となったのなら「人災」と言わざるを得ない。
スパイにされたり、気管支炎も嫌だし、トイレ汚いし、もう中国には行かなくていいんじゃないか?
@syouwaoyaji 初期対応の遅さ。
報道規制。
中国こえー
SARSそしてコロナウィルス。
前回より死亡率はかなり低い云々の話で沈静化を図ろうとする可能性は大だと推測します。
問題は病気それ自体では無い。
チャイナという国家の政体の有り様が大問題なのだ。
(ダイヤモンド・オンライン)
そういう国です!
人類の危機が訪れるとしたら間違いなく中国発だろう。
|都市閉鎖、隠ぺい…、まさに「バイオハザード」w、中国の旗に、いつのまにか、アンブレラが描かれてたり?w
中国発の中国肺炎、不都合もみ消す中国の「隠蔽体質」に世界が恐怖
「一度ある(あった)ことは二度ある⁉️」かの国根本的隠蔽体質は変わらないであろうな❗首脳の一言で如何様にもなる❗これが一党独裁国家の実態❗😠

| ダイヤモンド・オンライン
日本も中国と大差ない。日本は、経済動向に関する数字は大本営発表を踏襲している。数字の改竄は当たりまえのようにしている。
🐶が中国に住んでいた時、この筆者と全く同じ経験をした💧
その危険性を肌身で経験しているからこそ🐶にしては珍しく同じ題材を連投しているし同時に日本の対応に怒りを感じている💢❗️
ここしっかり追求して、別件でも増殖してくる中国人に歯止めかけてもらいたいね
中国で感染が拡大中の新型コロナウイルス。2003年に起きたSARSの流行が思い出されます。
当時、問題になったのが中国政府の隠蔽体質ですが、今回はいかに。ジャーナリスト姫田小夏氏による記事。
前回のSARSでも隠蔽体質が爆発的感染をもたらしました。今回も同じで何ら変わらない。この国は都合が悪くなったら埋めるのです。
不都合もみ消すサンモニとM日記者さん(笑) えらいことになってきてると思うが さんもにM日レベルはたいしたことないんやろなぁ
世界は恐怖しているのか?WHOの対応を見ているととてもそうとは思えないが。
それともWHOも中国の圧力に屈しているのか?

:
臭い物には蓋体質やからなあ...( ・_・)
>「『新型肺炎に罹患した武漢市衛生健康委員会の副主任席が行方不明になっている』という情報が、ものの5分でインターネット上から削除されたのです。デマだから消されたのか、あるいは真実だからか…
20日の習主席指示で風向きが変わったものの、依然として市民の疑心暗鬼は拭えていない、と。> "真実の報道が常に規制されてきた中国では、ウソだといわれ、消された情報が真実であることの方が多い。"
滅びるまで変わらない
中国の感染症=落ち着くまで離れるべし

発表は信用ならん
中国では新型肺炎の話題が“解禁同然”ながらも、不都合な情報のもみ消しが続けられている一面もあり、これが、かえって一般市民の混乱を招く。姫田小夏さんのコラム。  真実の報道が常に規制されてきた中国では、ウソだといわれ、消された情報が真実であることの方が多い。
(ダイヤモンド・オンライン) 中国で新型コロナウイルスによる新型肺炎が発生し、感染者は周辺諸
以上
 

いま話題のニュース

PR