ヤマダ電機が大塚家具を子会社化した理由、販路拡大だけではない? | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

ヤマダ電機が業績不振に陥っている他業種の大塚家具を傘下に入れる狙いはどこにあるのでしょうか。ヤマダ電機の狙いについて、アンゾフの「成長マトリクス」と「シナジー効果」を用いて解説します。

ツイッターのコメント(16)

人は外見。この大塚久美子社長の引きつりそして媚びた表情。吸収されるにしろ一国の主がこんな表情を浮かべてはならない。もともと社長の器じゃなかった。今時のダメ社長に多い『言葉遊び』も多い。
ヤマダ電機による大塚家具の子会社化は「シナジー効果」を期待した多角化戦略だそうです。ともに減益が続いていますが、流通経路や広告宣伝などの共有により売上高を増やすことがねらいのようです。

ヤマダ電機が大塚家具を子会社化した理由、販路拡大だけではない?:
大塚側はこれからどうがんばるのか。
この2社の統合によって何が変わるのか確かに想像しにくい。小売という業態が同じでも扱ってる商材がこれだけ違うから余計に。たまーにホールディングス化している企業で、ここもあの企業がやってたのかー。...
アンゾフの成長マトリクスで読み解く。→
笑えてる大塚ちゃんの腹黒さw
既存事業が伸び悩んでるために多角化を目指す理由は分からなくはないですが、赤字の大塚家具というリスクを背負うことになりましたね。
いい手ではないように思います
|
アンゾフマトリクスの観点でも、STPの観点でもこのM&Aは極めて懐疑的。
このM&Aの効果は学術的にも証明されていないであろう見えざるシナジー次第かなと思いますが果たして。 / (Diamond Online)
ヤマダ電機は、なぜ大塚家具を子会社化したのか?企業の事業拡大を検討できるフレームワーク「アンゾフのマトリクス」で考える記事です。
だからヤマダにガチのベッドとマットレス売ってたのか!( ᐛ )---
「見えざるシナジー効果」?
無理だと思うなあ。
共倒れもありそうだし…
ヤマダ電機にとって、富裕層および婚礼家具の顧客、法人顧客を開拓できるだけでもメリットはあるでしょう
M&Aは全体でみると7-8割は失敗するのが過去の様々なスタディからわかっています。

そして多くの問題は組織の問題云々諸々ありますが、「買収前の根本的な問題点を買った側が解決できない」ことにあるのですが、大塚家具...
成長が少し鈍化したヤマダ電機の大塚家具子会社化、アンゾフの成長マトリックスとシナジーでその効果を説明している。

最後に、今回の資本提携にはアンゾフのシナジー効果では測りきれない部分があることにも、言及し...
以上
 
PR