TOP > 政治・経済 > 毎年発表される「流行語大賞」にやたらと違和感を感じる理由 | 井の中の宴 武藤弘樹 | ダイヤモンド・オンライン

毎年発表される「流行語大賞」にやたらと違和感を感じる理由 | 井の中の宴 武藤弘樹 | ダイヤモンド・オンライン

毎年、流行語大賞を生温い温度感で見つめていた筆者。今回、原稿を書くにあたり、調べてみたところ思うところが多々あった。...

ツイッターのコメント(23)

選出される言葉はどれも「その年流行した」とは言い難く

政治的思想の匂いはそこかしこにちょいちょい挟まれていて
着地点が面白かった。 →
「ONE TEAMは、世界に広がりつつある排外的な空気に対する明確なカウンターメッセージであるとともに、近い将来、移民を受け入れざるを得ない日本のあり方を示唆するものとなった。それは安倍総理にもしっかりと伝わったと信じたい」
流行語大賞について、正鵠を射た記事。
記事にあるように、来年からは「アベ政権を許さない新語•流行語大賞」に改名すればいい。
今頃気づいたんだw
今朝たまたま付けたワイドなショーで言ってた「流行語大賞は“呼べる奴”が来る」ってのが一番納得だったな。
そりゃ台風19号とか呼べんし来んわな。来たら困る。
スポーツ選手も芸人も選ばれると翌年呪われるからなぁ。
流行語大賞の権威(元々高くはなかったけど)が落ちぶれたのはトリプルスリー、神ってるの2年連続で野球用語にゴリ押しで大賞あげたからなんだけどそれに一切触れていないことにやたらと違和感を感じる記事。
選考委員が実に香ばしいメンツ
これが全てよ
確かに違和感だらけ。
筆者が指摘する、これがマスコミの手抜きであると点と、「政治臭」に違和感を感じるという点には同感。★毎年発表される「流行語大賞」にやたらと違和感を感じる理由|
今年の本当の流行語はなんだろう?私は令和と平成最後とイートイン脱税(軽減税率)と闇営業とゼロカロリーとタピオカとペイが思い浮かんだけど。
何度も言ってるけど、あと数年で話題にならなくなる。
これはたしかにそう思う。何かズレている感がある。そもそも、人によって全然違うだろうし、膨大な言葉から選ぶことに無理がある。■
思想バリバリの人が運営する、お祭りの皮をかぶった政治的主張の発表の場
長くて途中読むの嫌になるけど、おおよそはほんとそれな!
である…
100人中100人、たしかに流行ったねなんて言葉が選ばれるわけないよね。
なんてったって明るい言葉が一番です。
DOLで初めて肯けたわ
皆さんの感想は?>
今はユーキャンで元々は自由国民社が始めた一私企業主催のイベントに、ここまでムキになって長文書いているライターのスキルを笑う。
あ~ラグビーブームは今年で終わりかぁ…って目安にはなる
選出される言葉はどれも「その年流行した」とは言い難く、それを流行語大賞としてしまうところに世相とのズレが見られる。武藤弘樹さんのコラム。  本当に流行った言葉より、その年に起きたイベントや世相をうかがわせる語が選ばれやすい。
以上
 

いま話題のニュース

PR