TOP > 政治・経済 > この30年で「時価総額を伸ばした企業」と「減らした企業」の決定的な差 | OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める | ダイヤモンド・オンライン

この30年で「時価総額を伸ばした企業」と「減らした企業」の決定的な差 | OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める | ダイヤモンド・オンライン

平成の30年間に時価総額を伸ばした企業と減らした企業。この2つの組織では、何が決定的に違っていたのでしょうか。...

ツイッターのコメント(23)

本日の教科書 NO.397
 ↓ ↓ ↓
【 職場の「空気」が結果を決める】
(北野唯我)(全25回?)
第5回 この30年で「時価総額を伸ばした企業」と「減らした企業」の決定的な差
時価総額を伸ばす企業の共通点
・風通しの良さ
・20代の成長環境
・人事評価の適正感
・社員の士気
逆に内向きだったり、官僚主義的な会社は不祥事を起こすという話。

結局、「社内政治は目的に沿って使えば悪くない」というのは、文化の腐敗から組織の腐敗につながってる。
職場環境が与える影響はめちゃくちゃ大きいと思う。新しい企画、仕組みの改善、ベストな判断など。これらは空気の悪い職場(いまでいう心理的安全性が低い環境かな)だと起きないことが大半なんだけど、それがボディブロ...
そうだよな。会社を動かすのは結局人。組織で動くには「空気」は絶対に大事。だよ。
将来性があるかどうかは企業が内部のどこに力を入れているかに依存している

当たり前だけど、平成30年間を無駄にしたかどうかはでかい

今後10年、20年で自分は会社を一緒に作っていけるか
30年というスパンで考えると、その間に経営も何人も変わり、事業内容だって変わっている。
30年の間のどのタイミングで時価総額を伸ばし、その時に秀でていた項目は何かということを示してもらわないと意味がない。
ラン...
表をみた感じ、比較する2群の業種、事業内容の違いが大きすぎる気がする。過去30年で伸びた業界、そうでない業界というならまだわかる。
事業のライフサイクルと組織マネジメントの関係を事例から研究・分析したという話に見える。
この手の記事を読む時は負けたがわがどう負けたか知ることが大事だと思う。勝ちは結果論で負けには必然性がある。
いやほんまこれ大事だよ。うちの役員は自分の会社じゃないから何とも思わないかもしれないけど。。
>平成元年時点では上場していなかったが、現在、日本の時価総額ランキングトップの常連である企業も別途見ておく必要があります。具体的には、ファーストリテイリング、 ソフトバンクグループ、リクルートホールディングスの3社です。
時価総額を伸ばした企業は素晴らしいと思うけど、経済的な価値より目の前のサービスの満足度の方が自分は重視しちゃうかな
わろた。
失敗すると突き落とす弊社おわりじゃんわろす。
🔽
が高い(本文)

それ以外の要因も大きそうだけど、一応調査結果です😌
具体的には、
といった項目で数値が高い / この30年で「時価総額を伸ばした企業」と「減らした企業」の決定的な差 (Diamond Online)
時価総額を伸ばした企業
時価総額を伸ばした企業は、以下3点がある
企業文化の重要性だな、やはり!

この30年で「時価総額を伸ばした企業」と「減らした企業」の決定的な差 | OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める
・「社員の士気」なんだね。
時価総額を減らした企業、見てみるとインフラ系が多いね。
オープネス(風通し)が、
成長企業か衰退企業を決める要素
とデータで語られている。

発売が楽しみでした、
早く読んでみよう。
平均への回帰で説明したらあかん大会は辛い。
これらの項目で数値が高い。つまり、時価総額を伸ばしている企業は、「職場の空気」の項目の満足度が高い。

30年で「時価総額を伸ばした企業」「減らした企業」の決定的な差
なるほど。この3つが大きな差になっているか。
「風通しの良さ」「20代の成長環境」「社員の士気」 /
以上
 

いま話題のニュース

PR