日本の劣化が止まらない、「所得格差」が人の心と社会を破壊する | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン

昨今日本でも、非人道的な暴力事件が目立つこともあり、人の心や社会の状態が悪くなっていると感じる人が多いといいます。確かにこうした劣化を示すデータは多くあります。その背景にあるのが格差の拡大です。

ツイッターのコメント(55)

いずれ歴史が証明すると思うが、既に2010年代に結果の一部が顕在化していたのではないか。
>日本では格差が拡大した分、人の健康も社会問題も悪化しているはずです。
適度に暮らしが成り立つなら、なんとか平和にゆくのだろうが、がんばってもがんばっても報われない気がすると…ね。
因みにそんな中、日本はバキバキの格差社会に突入。実質GDPは成長してるけどね。
- LINEアカウントメディア
あ”ぁ。。やっぱり。。:(´◦ω◦`):

- LINEアカウントメディア
偏った税制が引き起こした功罪だと思う。
早くなんとかしてないと・・
なんか嘘くさい。格差なんて有って当たり前。相対的格差より絶対貧困の是正の方が大事ちゃうか?

>
本来あるべき所得格差の姿、では無いところが問題。単純にお金を集めた人が裕福で、社会の為に汗をかいている人が冷遇される社会構造を変えるべき。
結論ありき過ぎて…(ノ∀`)
「所得格差が拡大が原因で社会問題が増えた」因果関係の分析面がペラペラ過ぎ。

今の香港はその典型例…って「逃亡犯条例」の改正案反対運動発生前までの社会問題増減どうなん?
 

 
PR