TOP > 政治・経済 > 「一流の人」と「年収500万の人」で読む本はこんなに違う | 読書は「アウトプット」が99% | ダイヤモンド・オンライン

「一流の人」と「年収500万の人」で読む本はこんなに違う | 読書は「アウトプット」が99% | ダイヤモンド・オンライン

89コメント 登録日時:2019-11-09 06:42 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

一流の経営者、年収の高いビジネスパーソンには、おしなべて読書家が多い。彼らはビジネス書に限らず、さまざまなジャンルの本から吸収し、アウトプットに役立てている。経営コンサルタントの藤井孝一氏の新著『読書は「アウトプット」が99%』からの一部抜粋で、一流の人が読書によっていかに発想力を鍛えているかについての論考をお届けする。...

Twitterのコメント(89)

まるで「年収500万は普通だし、何なら三流」と言わんばかりのタイトル🙄
ほんまかいな “さらに、意外にも将棋の本を愛読している人も多かったそうです。" /
某奴、世界史の本読み漁ってるとすれば将来有望やな
「一流」の定義、年収との相関関係、因果関係はあるのかとか>
いいねー(ノ^∇^)ノ
なんかブーメラン感がすごい記事だな
この記事の書き手は、本当に『もしドラ』を読んだことあるのか??「噛み砕いた」も何も、もはやドラッカー関係ないよね、あの本。もう少し、まともな本だしなよ。こんなハックルさんの迷著で人のことをあれこれいう筆者に「衝撃を受けました」。...
プレジデントの記事が古いのかな?本のセレクトが古すぎる。
社長とヒラじゃ見えている世界が違うし読む(べき)本も違って当然。機械と付き合う機関士に船長が読むべき本を薦めてどうするんだと思うんだが ⇒
「一流の人」と「年収500万の人」が対比してると思ってる時点で八流。

僕も人の事は言えないが、このアホみたいな記事の文章もひどい。
こういうのはイキりすぎでは。と思う反面、確かに読む本の層みたいのはあるなって感じて読書ツイートしなくなったなぁ。
積ん読過ぎててもっともっと読まないとダメだな...。ちなみに今読んでる本は「成功する農業」|
"読みやすい本"を取っ掛かりにするのは良いかもしれないけど、自分の頭で考える力は養われにくいのかもな。
「ビジョナリー・カンパニー」は読もうと思いながらずっと買っていなかったから、次はこの本を買おう。
「一流の人」と「年収500万の人」という対比になってない対比をする時点でお察し>
「すぐに役立ちそうな本」をディスっておきながら、コラム著者の書いた書籍が「すぐに役立ちそうな本」っていう所がオチっぽくて好きw
そういえば最近、読みやすい本を読む傾向にある。以前はそうではなかったんだよね。ちょっと諦めが出たのかもしれない。
引き締めなければ。。。
やはりアウトプットが大切!
自分の中に留めるより言葉や文字にした方が効果が上がるよね
「現在」高収入を得てる人が読んでる本を読んでも、「将来」高収入を得られる訳ではない点は注意が必要ですよね。あくまでも、「現在」の話...。
「年収500万の人は読みやすい本やビジネスですぐに役立ちそうな本を選」ぶ、などとばかにしておきながら、最後に出てきた自著はまさにそういう本なのが面白かった。

| ダイヤモンド…
"発想力を伸ばすには数をこなす"確かにそうなんだろうが、読むの遅い者は理解に努めるのが大切なはずと簡単なマインドマップもどきのメモ取るようにしてる。最近はサボってるけど(汗>
うん。『読書は「アウトプット」が99%』は買うのやめといて正解だった。
今の時代、年収500万の人って結構な人やろ!!
最高裁の判事だって、愛読書は司馬遼太郎だったりするのに。//
このコラムの発想そのものを良しとはしないが、この人、自分の著書とその読者を否定しているのでは?/
「考えてみれば、多くの経営者は将棋や囲碁を趣味としています。どちらも戦略を練って戦うゲームです。そのまま経営のヒントにもなるのでしょう。」
いや,趣味だろw 将棋や囲碁が今時の経営のヒントになるとは思えないw
さすがDIAMOND.安定の適当感.
この著者の本を「一流の人」は読まないような気がした。/
ビジネス書はキャッチーだからズレたこと書いているケースあるしなぁ…。
年収...に関わらず、読書の習慣は大切!
と、かつて読書大嫌いだった私が呟く(爆)

「一流の人」と「年収500万円の人」で読む本はこんなに違う |
「一流人材」が読んでるビジネス本が、ビジョナリーカンパニーとかドラッカーとか、20年前の本ばかりで、司馬遼太郎とか山岡荘八をヨイショしてた昭和の経営者と変わらないじゃん
なんか違う気がする。筆者の名前も気に食わんし(これはどうでもいいか)
アメリカのMBAでは、ガチで論文書いてる心理学者が人間の本質を教えてる事は、意外と知られてないのでは
よし、方針は間違っていなかった、ということにしておこう。
二重に衝撃です

「年収500万円の人が役立たなかった本として『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社)を挙げ、その理由が「内容が難しい」「この方法論で実際に成果が出るのか疑問」という意見だったのには、衝撃」
何の本を読むかと年収の高さに相関なんかねーよ
自分は昨年学術書を中心に300冊の本を買ったが今年の年収は月400時間働いて200万でネカフェ難民だ
何の本を何冊読もうが要領が悪い奴は何をやってもダメ

てかダイアモンド自体が見出しから全く読む気が起こらない
知識越境の話なら、インプットを本「だけ」で捉えないほうが良いと思う。インプットとアウトプットの質ではなく、年収との相関で釣られるのは残念。
因果と相関の典型
授業冒頭で出しやすいトピックやね
「一流の人」とかの読むベスト10が『ビジョナリーカンパニー』って…。

『方法序説』とか『職業としての政治』『国家』とか数学・物理とか無いのか…
そもそも「一流」かそうでないかを「年収」で分類してる時点で、このコラムの価値は知れている。経営者層が経営やマネージメント関係の本に価値を認めるのは当たり前。他の職種の人間が見習えという話にはならん。
日本国内でドラッカーの話はたくさんあるけど、ドラッカーを「読めている」人の話はほとんどない。多くは都合のいいところをかいつまんでるだけ。 /
薄っぺらい本ばっかりで、全然学術書(特に数学関係とかコンピュータサイエンスとか)が出てこないのがいかにもという感じがする。読書も勿論大いにするべきだが、勉強もしてみては如何かと
日本は経営者の質が低いので、日本の経営者がありがたがって読む本を読んでも、時間の無駄だろう。マーケティング入門を「難しい」って、ギャグなのか。
👉ファーストクラスの乗客は皆読書家

・搭乗中も読書をする人が多い
・ビジネス書以外も読む
・読みやすいものだけでなく、世界的なベストセラーで、少々難しい本も読む

本を読んで、発想力を鍛えよう。
まずは数をこなそう。
えろまんが /
一流の人はダイヤモンドオンラインを読まないという話? |
ここでの「一流の人」は「ハイスペ高年収者」の意なのだろう。これって分厚い複雑な本を読みこなしつつ仕事もこなせる人は高年収でハイスペになるというだけの話では。時間を捻出しつつ仕事ができる人はそりゃ優れてる
●本は古本屋でたまに立ち読みするぐらいだ。

正直、役にたった本なんてほとんどない。
馬鹿が「一流の人」とやらの読む本を読んでも一流には成れないのですのね
『発想力を伸ばすには数をこなす読書量』

読書量増やしてみよう。

@news_line_me
最近の自分は、時間は有限だと強く認識するようになって、若い頃のように「何でも」読むことが少なくなった。パラパラとみて読みたいって本から読む。途中まで読んでなかなか進まなくなったら潔く諦める😅
昔は、自分向きじゃない本でも頑張って読んでいたけれど、今は無理。
一流と言われる人だって、年収500万の時期があったはず。
すぐに役立つ本も通過点として読んでたでしょう。
年収の話はどうでもいいけど、もしドラが難しいって言ってたら、何にも読めないよ??
だから、最近漫画版が流行ってるんだろうな。
なんでも漫画にする風習本当に嫌い。何のための活字だよ!
すぐ役立つ本は自分の正当性を確認するような読書になってしまったりする。難しい本を読む事で知らない知識を増やしていくような読書をしたいものです。 /
その本をCAに渡して、「あなたたちにも役立つよ」とアドバイスする人もいたそうです。

…捨てといて、の婉曲表現じゃない?
「すぐ役立ちそうな」この記事書いてるシトの本なんか読んでる場合やないな🤔
読書は良い趣味だとは思うが別に収入上げるためにやってるんではないんだよな。あと収入が低くても一流の人はいくらでもいるよ。/
僕もビジネス書ばっかり読んでた時期あったけど、それだけだと何だか薄っぺらい人間になりそうな気がした。

やっぱ、文学や歴史、芸術のような文化的な教養は必要だなと思う。
「こんな本を読んでいる人は年収が高い」と「年収が高い人はこんな本を読んでいる」は似ているようで全然違うと思う。 /
一流の人の読書。

・読書量が多い。
・アウトプットが日常的。
・アイデアを生み出す。
・自分の仕事と関係のない本を読む。
・難易度の高い本を読む。
年収1500万の人が読む本と年収500万の人が読む本を比較するのは仕事のフェーズも違うしいろいろナンセンスな気がするが、とりあえず飛行機で海外行くとき映画じゃなくて本を読もうと思った次第笑
読書量と収入が比例する事はよく言われるがなかなか実行されないということは難易度が高いことなのか?
それを実行するには何が必要か。分かっててもできることはノットイコールであるということ。
将来のビジョンを意識して長期的な結果を求めて本を読む。
読まないのであれば読んだ方が良い。どんな行動にも成長のきっかけはある。
人と同じことをしていたのでは、差は生まれません。ほかの人が思いつかないような斬新な発想こそが差別化の原点であり、独自性につながっていく!

自分の年齢や年収にふさわしい本を読んでいたら、それ以上の成長は見...
なるほど!私も手っ取り早く分かりやすいビジネス書ばかり読んでました。幅広いジャンルを読む事で視点が変わり行動も変わり年収も変わるのですよね。

|
本屋に言っても足が向かないビジネス書のコーナー。
特に毎月飽きもせず出品される〇〇の仕事術、〇〇の仕組みなど誰が買うんだか。
プラグマティックすぎるのも良くない

大学生とかこういう傾向高そう

教養を高める書籍も読む
こんな記事興味ありましたので発信しますね😊
読書の価値が問われています。
一流の人になりたい人より、年収500万になりたい人の方が多いだろうな /
雑誌「プレジデント」で、元国際線のCAの方の記事が掲載されていました。その記事によると、いつもファーストクラスに乗っている層の客は、みな読書家だといいます。10冊ぐらいの本を持ち込み、搭乗中はずっと本を読ん...
今読んでいる本で、自分の将来は決まる。
今読んでいる本で、あなたの将来は決まります
沖縄の片田舎にいますと
「一流の人」の定義自体が何かわからないのですが😓

とにかく今は幅広く本を読むことで

ビジネスの成功だけでなく
生き方や物事の本質を見つめブレない自分を作る

その為に本を読もうと思いました。

おしまいまいっ❣️
ちょっと難しい本にも挑戦しよ♪
将棋の本を読む…?
年収500万→すぐ役立ちそうな本
年収1500万→考え方を学ぶ本

ざっくり言うとこういう事が言いたいみたいです。「発想力を伸ばすには数をこなす読書量が必要」とあるけどそんな事ないだろ。と本を読まない俺は思う。
高年収の方でも、その収入ランクによって読書する本の内容が違うことに驚きました。
しかしながら、これを参考にすることでどのような思考方法で読んでいるかもわかるし、どんなジャンルからいろいろな発想の手掛かりに...
大前研一強いて言えば、古典、生物、化学かな。ビジネス書は読んでないよ。
「一流の人」と「年収500万の人」で読む本はこんなに違う(ダイヤモンド・オンライン)

なんかイラッとする記事だなw
「えっ、年収500万って一流じゃないんだ」
けっこう数って大事だよね読書って。 /
手取り14万以下のあてくしは
西京が好きです……

電車大好き。

「一流の人」と「年収500万の人」で読む本はこんなに違う(ダイヤモンド・オンライン)
この手のリストは20代前半のサラリーマン社会で出世を目指す人にとっては良いかもしれませんね。30歳まで片っ端から読むといいと思います。つまらなかったら途中でも勇気を持ってやめる。面白いと感じる時期が後で必ずきますよ
多読のススメの記事

結局のところ知識がないと、新しいものは生み出せないということか。
アイディアは何かと何かの掛け算だし、今までないものを作ることは、今までない掛け算の式を作ること。

もう少し読むジャンルを増やすか…
>さらに、意外にも将棋の本を愛読している人も多かったそうです。
 考えてみれば、多くの経営者は将棋や囲碁を趣味としています。
以上

記事本文: 「一流の人」と「年収500万の人」で読む本はこんなに違う | 読書は「アウトプット」が99% | ダイヤモンド・オンライン

関連記事