TOP > 政治・経済 > トヨタ社長の父・章一郎氏がノーベル賞吉野氏に明かした「自動車危機の正体」 | 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン

トヨタ社長の父・章一郎氏がノーベル賞吉野氏に明かした「自動車危機の正体」 | 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン

「100年に1度の激変期」に直面し、トヨタ自動車上層部の危機感は強い。豊田章男・トヨタ社長の父である豊田章一郎・トヨタ名誉会長が、ノーベル化学賞に選ばれた吉野彰氏にある相談事を打ち明けていた。交わされた会話の中身とは何だったのか――。全9回で配信する特集「トヨタ、ホンダ、日産 自動車の最終決断」の第1回目。...

ツイッターのコメント(13)

「〜過去・現在の統計やエビデンスから未来を考えようとすると、未来予測を見誤ってしまう」
>研究開発で一番重要なのは、未来予測だ――。これが吉野氏の持論である。研究者がいくら独創的な技術の種を持っていても、世の中の人のニーズ、つまり未来を読み間違えると技術が開花することはない。
ダイヤモンド・オンライン: トヨタ社長の父・章一郎氏がノーベル賞吉野氏に明かした「自動車危機の正体」.

色々と考えさせられる記事
ユーザーが幸せになるようなものつくりを目指せばいいんじゃないかな。Appleのように
EVと自動運転はクルマの個人所有の必要性を大幅に低下させるから、現在の市場シェアも意味を無くす :
>吉野氏の場合もそうだが、テクノロジーが切り開く未来が、既存技術の延長線上にあるものとは限らない。

>「世の中は思いもしない方向へ進んだりするもの。社会学者や経済学者のように、過去・現在の統計...
豊田社長の発言の負の部分を掬って拡大したような記事。



前提条件についても少し異なる解釈に思えるし、TRIやTRI-ADについて言及されてない(連載企画らしいから今後出るかも?)を取り上げてない以上穿った見方な印象。

まぁ豊田社長の危機感を理解するには良い記事かもね。
吉野さん「研究開発で一番重要なのは、未来予測だ」を見て、80年代までは21世紀の未来像!なんて未来への期待感が溢れていたなぁと回想。

トヨタ社長の父・章一郎氏がノーベル賞吉野氏に明かした「自動車危機の正体」(ダイヤモンド・オンライン)
トヨタ自動車の創業者達は、将来が見通せないジレンマに落ちいってるようですが、そんな事は、どこの業界でも同じですよ~⁉ だから将来が面白いのです。将来がわかっていたら、一度見た映画を、また見るようで、ツマらないですよ~。
表面の変化を章一郎氏や章男氏は求めていない。
固定化した感覚を撤廃し
あらゆる方面の臭覚、視野を危機的に求めている。
その上に立ったCASEではないか。
読み応えのある記事、次回以降も必読と思います。【 | ダイヤモンド・オンライン】
トヨタ社長の父・章一郎氏がノーベル賞吉野氏に明かした「自動車 ...
トヨタ自動車社長・豊田章男(モリゾウ)の父・章一郎氏がノーベル賞吉野氏に明かした「自動車危機の正体」 |
以上
 

いま話題のニュース

PR