TOP > 政治・経済 > アマゾンの「置き配」が日本で成功しにくい根本的な理由 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

アマゾンの「置き配」が日本で成功しにくい根本的な理由 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

ネット通販の注文増加に伴う宅配クライシスが問題になるなか、アマゾンは岐阜県多治見市で10月の1ヵ月間、「置き配」を前提にした配送の実証実験を始めた。しかし、顧客に「置き配」を普及させるのは難しい。背景には日本ならではの事情もある。...

ツイッターのコメント(21)

この考え方は嫌いじゃないわね…

>なぜなら、もし世の中の業者がすべて「置き配」サービスを手がけるようになれば、消費者からのクレームなど、怖くなくなるはずだからです。
お客様は神様だと思っている客が多すぎるんだろうな〜
>
「置き配実験」では再配達が大幅に減り、配達員の生産性は劇的に向上することが判明するはず。一方でアマゾンが失うものが何なのか。アフターコストと評判リスクを考慮した上で、費用対効果を考える必要が出てくる。
自分はもれなく置き配でお願いしてる。配達員さんも楽だろうと思って。配達完了のメールが来たら玄関に取りに行く感じ。
クレームをするだけならまだいいのですが、直接クレームをせずにSNSで「いかにひどい目に遭ったか」を世間に拡散する人が、その倍は出てくるでしょう。
飲食店でよく業者さんが置き配されているの見ますが、アレは持って行かれないんでしょうかね?
生協の置き配なども同様に気になります。
郵便受けに荷物が入っていたのを確認→忙しいから放置→帰ったらなかった→「郵便受けに入ってなかった!」とAmazonに言う…

置き配関係ないし、こういう人がいるから問題なのでは?
凄いコンサルだ

鈴木貴博|
週刊ダイヤモンドにしては珍しくまともな記事。こういうの記事が読みたいんだよ🤗
日本人は受け取る給料以上の仕事をすることが当たり前、と思っているフシが多々。それを配送分野の現業から変えてゆこうとするのが無理がある気も。
賃金価値以上の働きはしない、サビ残は徹底追及、それくらいの意識変化がなければムリでは。
これ、書き手の冒頭のエピソード自体が、「一部の日本人はゴネる」の例になってる。
パーフェクトな読みw
心配なのは、「置き配専門の盗っ人」という新たなジョブが爆誕しないかなのだが…
今日みたいな雨の日だとどうなのかな。それでも便利だから自分だったら使っちゃうだろうな。アマゾンの置き配。だけどそれでも一部の人はこれが許せなくてだから普及しないと思うという話です。
日本のBtoC物流は暗黙のギャランティ型だから。僕も昔AmazonでCD買ったら届かなかったことあって、サポートに連絡したら返金してくれました。(その手続してる間にCDじゃなくてiTunesStoreで買った)
うちの周りは治安がよろしく無いので盗みが横行しそうで怖くて出来ない。下手をすれば宅配BOXも破壊されそうだもの
“問題になるのは、こういったサービスアグリーメントがあった場合でも、一部の日本人はゴネるということです”
金を出さずに安いサービスを使っておいてクレーム言う人って何を考えているのだろうか…
確かにアフターコストと品質評判リスクの視点は忘れてはいけませんね。
勘違いクレーマーが日本を滅ぼす
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR