TOP > 政治・経済 > ヤマトがアマゾン向け運賃を値下げ!2年前の値上げから一転の事情 | 週刊ダイヤモンドSCOOP | ダイヤモンド・オンライン

ヤマトがアマゾン向け運賃を値下げ!2年前の値上げから一転の事情 | 週刊ダイヤモンドSCOOP | ダイヤモンド・オンライン

ヤマト運輸がアマゾンと宅配運賃の一部値下げで合意したことがダイヤモンド編集部の取材で分かった。27年ぶりの値上げを断行してから丸2年。両者そして運輸業界に何が起こっているのか。...

ツイッターのコメント(10)

「軽ワゴン車はアマゾンからリースでも借りられる。」
"19年からは個人事業主のドライバーに業務委託を直接行う「アマゾンフレックス」という仕組みを本格スタート...この仕組みでは、軽ワゴン車を持っていて、指定の窓口で事業用ナンバーを取得すれば配達業務を行える... 「月額37万~44万円以上の報酬」"
| 週刊ダイヤモンド/各社は、個人事業主と契約してアマゾンの荷物を運ばせているところが多い。運送業界の“下請けピンハネ構造”を、アマゾンは非効率的で無駄が多いと見ているのだ。
わぁ。。ヤマト大丈夫かなぁ。。
いいようにころころされてるような。。
| 週刊ダイヤモンドSCOOP | ダイヤモンド・オンライン
一見ヤマトとAmazonの仲良し協定に見えるが、ヤマトの業績と宅配市場の動向を掴むとAmazonが着々と日本市場を蝕んでいっていることが分かる。ZOZOがヤフーに買収されたのもその背景を孕んでいるのだろう。
アマゾンからの配送料が増えて従業員疲弊→ヤマト運送料値上げ→アマゾン中堅配送業者を囲う→ヤマトの総配送量がへり減益→ヤマト値下げで囲い直し→中堅配送業者「準備してたのに水の泡」

自分が中堅配送業者だったら発狂するな。よくまとまってる。
「19年からは個人事業主のドライバーに業務委託を直接行う「アマゾンフレックス」という仕組みを本格スタートさせている…東京都と神奈川県でスタートし、現在、品川区と大田区はほぼ全て、フレックスが担っているもよう」
Uber方式はどうなんですかね…
月額37~44万円以上の報酬、現在登録者数1200名以上だそうです
“運送業界の“下請けピンハネ構造”を、アマゾンは非効率的で無駄が多いと見ているのだ。”

まあこういうのは地域色もあるからね。うちの田舎も893が…いえなんでもないですけ昔の話ですから
以上
 

いま話題のニュース

PR