TOP > 政治・経済 > 「マイナンバーカード」の先に、どんな未来が待っているのか? | ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来 | ダイヤモンド・オンライン

「マイナンバーカード」の先に、どんな未来が待っているのか? | ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来 | ダイヤモンド・オンライン

エストニアでの法人設立が、日本にいながら10分でできる!? ほぼ100%電子政府を達成したエストニアで日本人がつくった新しいサービスが教えてくれる「未来の働き方」「未来の暮らし方」とは。...

ツイッターのコメント(11)

ルワンダでもオンラインで法人登記できます。マイナンバーカード的な一元管理システムはまだないけど。

日本でももっとマイナンバー使えたらいいのに。海外よく行く人は住所とか電話番号が常に同じなわけじゃないから、いつでもどこでも使える識別番号があると助かるよね。
頭が良い人って、どうしてこうも頭が良いんだろう。
住民票をコンビニで発行できるのはめちゃ便利です。
もう普及の方向で動いているのだから、できる限り協力して恩恵を賜った方がトク /
イーレジありきのset go。だけど5分で法人設立できるならちょっとビジネスやってみようかという気になる。ここで提示されるのは、国家間を超えたデジタルインフラの可能性。 /
各役所の無駄と施設の縮小が出来る→県や市の運営改善に。なんて。 /
何が良いって、国外から法人税を取れる。安倍首相が入っているとのことなので、日本も始めれば良いと思うのですが。 /
個人的には、県くらいの単位で参考にした仕組を作ることができるのでは?と思ってます。 /
[DIAMOND]

◎なぜ日本からも3000人がエストニアの「仮想住民」となったのか?
◎マイナンバーカードが普及した未来、日本はどうなるのか?
エストニアのように99%の行政サービスをオンライン化するには、非対面でも確実に本人性を担保するeIDカードの普及は必須でした。
これまで3000近い民間サービスでもeIDカードによって本人性を担保することでより利便性...
まずは、国の信用を築け。これがない今何を言っても信じられない。何を書いているのやらが感想だ。
以上
 

いま話題のニュース

PR