TOP > 政治・経済 > 太陽光発電に2つの「足かせ」、国策課金と地方税で事業者は死屍累々? | Close-Up Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

太陽光発電に2つの「足かせ」、国策課金と地方税で事業者は死屍累々? | Close-Up Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

太陽光発電ビジネスの命運を左右する議論がにわかに熱を帯びている。それが「発電側基本料金」と「法定外目的税」だ。業者の悩みの種になっている2つの“足かせ”。その目的とはいったい何なのか。...

ツイッターのコメント(34)

@hou_zi_chan @neto_uyoko さらに、太陽光発電事業者側は、国に、売電収入の減額分の補てんを要望しているので、もしかしたら、税金投入される可能性がでてきた
どんどんやってどんどん絞めろw
これまで送配電網の維持更新費は「託送料金」として電力会社など小売電気事業者(その先の消費者)が負担していた。それを受益者である発電事業者にも広く負担してもらい、
アホか! 後出しするな!
大手の発電会社が自己利益の保護のために新参者に嫌がらせを施すのは
日本古来の伝統の一つである。
難しいねえ…利用者負担が減るなら、とも思うけど。
政府が原発の代替を本気で使うならもっとしっかりやるべき。当たり前じゃん。
環境のことを考えていそうにないメガソーラー事業者に対しては、再生エネ賦課金を取られっぱなしの身としてはザマアという感情ばかり沸き起こる
こんな環境破壊や自然災害を増大させる百害あって一利なしのインチキ自然エネルギー施設を限りなく禁止に近い大幅規制をすべきです。
自然エネルギーの取り組みを潰し、原子力政策を推進させる悪策!
利潤配慮期間(2012年6月から2015年6月)に実施された、いわゆる「プレミア価格」(売電価格29円、32円、36円、40円)の案件については調整措置の対象外とする案
これって太陽光じゃなくリサイクル燃料、再生燃料もらしい
特にやばいのはチップ再生業と太陽光
チップは転化で採算取れるんだけど太陽光は転化先がないからオワコン
発電者に追加の負担を求める施策はなかなか説得力があるように思います。法定外税は面白いけれど、国全体として課金すべき話ではないでしょうか。
こういう後出しをするからいつまで経っても起業する人が増えないのですよ。
うまく行き始めたらすぐに邪魔をする国ですから。
電力会社とその利権政治家による原発存続のための太陽光つぶし。そして東電・関電・九州電は法人税少ししか払ってないランキング入りってか。→
土地の少ない日本だから、野立てメガソーラーには課題あるので、条件踏まえての課金はアリだと思うけど。
屋根などへの普及は促進すべき。
メガソーラーをやめればいいだけの話。 →
国民への再エネ賦課金が高いのも反対だが、今更別途税金かけるのは如何なものかと。
自然破壊してカネを稼ぐヤツらだ、滅べ滅べ
どういう形であれ環境保護のための金額は太陽光発電事業者は負担するべき。

メガソーラーのために森林破壊して山削ってちゃ本末転倒だ。

ついでに事業用ソーラー発電所は蓄電設備の設置の義務化もするべきと思う。
環境に配慮する気が一切ない日本。
●発送電分離の目的は電気料金引き下げだ。制度設計者は阿呆じゃないのかね?電力喪失対応などの為、基幹送電網は国が絶対に負担すべき。今こそ大規模送電網国債を発行して国土強靭化に投資すべし!
メガソーラーは問題が多過ぎる
メガソーラー反対が盛り上がった結果、こういう再エネ叩きがどんどん進行していることを一般人は知らない→
ダイヤモンドオンラインは完全に中韓にしか忖度しなくなったね笑
わざわざ山削ってまで太陽光は必要ない。メンテナンスやアフターケアクソじゃん。
法治国家及び民主主義国家である日本において、太陽光発電のデメリットは既に立証済みやからやはり、FIT法の容赦なき廃案を図る、特ア人と特アマネーを更に増長させん為のスパイ防止法と外国人土地法の早期制定・施行を図るのが安倍政権の急務やけどね。#拡散希望
送電設備の維持費を電力会社と国民に負担させて来た太陽光発電業者に、応分の負担を求める制度は当然必要。儲けが減ると反発する業界。さてさて…
全体最適の中で落とし所探すしかない、、、
→政府は口先では「再生可能エネルギー推進」と言っているが、やっていることはFIT潰し。さて、新環境大臣はどう出るか?
メガソーラーは2600万円の負担増
あちゃーマジか!?
これ以上ソーラー発電で自然破壊させないために重税課してもいいよ(・ω・)
(ダイヤモンド・オンライン) 太陽光発電ビジネス
以上
 

いま話題のニュース

PR