千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > 京急脱線事故の教訓、乗客脱出を困難にした日本の鉄道の「思わぬ盲点」 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

京急脱線事故の教訓、乗客脱出を困難にした日本の鉄道の「思わぬ盲点」 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

49コメント 登録日時:2019-09-12 06:10 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

9月5日午前11時40分頃、京急の脱線事故が起こった。1両目にいた乗客によると、2両目に続く通路が通れなかったため、傾いた側の下側の隙間から車外に避難したという。実はそこから見える教訓がある。...

Twitterのコメント(49)

欧米の電車にあって日本の電車にないものは天井のハッチだという。今回、車両が傾くだけでなく、横転していたら脱出はできなかった。これは対策が必要。>
欧米のバスや鉄道の車両には、天井にも避難用ハッチが付いており、万一、車両が横転した時でも、車外に容易に避難できるようになっている。
▼欧米の車両にあって日本の車両にはないもの
 欧米のバスや鉄道の車両には、天井にも避難用ハッチが付いており、万一、車両が横転した時でも、車外に容易に避難できるようになっている。
「欧米のバスや鉄道の車両には、天井にも避難用ハッチが付いており、万一、車両が横転した時でも、車外に容易に避難できるようになっている。」・・・そうなのか。
京急事故では横転しなかったから窓から脱出できた。もし横転したら窓からは脱出困難となる。これに備え、梯子か天井扉を設置する案が浮上する。
「鉄道車両製造会社や鉄道事業者には、この欧米の事例を参考に、天井部の避難ハッチ設置を検討してほしい」
こんなに長文にせず、シンプルに天井に脱出口つけろって言えばいいのに。
確かにヨーロッパのバスは天井に脱出口あるけど、鉄道車両にもあったっけ…? 緊急脱出ハンマーは整備されているけど。
想定外を考える欧米、命が一番ですね。
非常用ハッチかぁ
確かに必要かもなぁ
あとは海外製のバスでも同じだけど、ガラスクラッシャーがついてるよね。
120km/hの速さの列車に対して400mの直線が「見通しが良い」とは、とんだ印象操作だな…
の車両とて、完全に脱線に対して安全ではない。日本という閉鎖文化の中でちょっとだけ違うくらい。
はぁなるほど安全神話に基づいて設計されてるのね。
史絵女史の寄稿。確かに盲点だ。車両が90度横転すれば、脱出口が無くなってしまう。欧米には天井に非常口設置の車両があるそうだ。
日本でも「万が一の事故の際、いかに被害を最小限に抑えるか」でしてますよね。横転より衝突の事故が多い日本では「クラッシャブルゾーン」対策のほうが重視されてるだけでは?
外国は横転に備え、天井に避難ハッチがあるのだ。
筆者の指摘のように天井に脱出用ハッチを設けるとなると、クーラーダクトや横流ファンの設置が困難になるね。
お次は先日の事故に関する DIAMOND ONLINE様より



この辺については詳しくないのですが、何故こういった違いがあるのでしょう?
より安全を目指す為に、議論が活発になると良いですね
天井脱出ハッチ…
日本の鉄道車輌では、難しいのではないだろうか?🤔
床下は言うに及ばず、天井上にも空調機器などが詰め込まれているのだから…🤔
「もし上り列車が通過していたら、被害は比べ物にならぬほど、甚大なものになっていたであろう」し、車両に緊急時の脱出口がない日本の鉄道車両の問題
ウチの「欧米の鉄道」模型は天井脱出口ある車種皆無なんだけど、そんなに普及してるかな?
バスはまあわかる 日本国内の輸入バスにも設置されてるし
天井に脱出口ね。京急の線路に架線が無ければ良いんだけどね。これで金取ってんのか!バカじゃね?
非常時の出口は複数確保するのが安全の基本。だからバスは非常扉がある >
基本対策は踏切の排除です。膨大な費用がかかりますが、コツコツやる事です。電車だけで2万両を超えるものに天井ハッチは無理です。新造車から義務付ける事ですね。
素晴らしくクソ記事を極めている。ダイヤモンドはこれで良かったの??
* 一般人に所在が公開されている天井のハッチなんて見たことがない。20年ほど前には英仏独には隣の車両への通路さえない電車があった。→
【いま読まれています】



鉄道ジャーナリストの渡部史絵氏による記事。京急本線で先週起こった脱線事故について、鉄道会社が検討すべき点を指摘しています。
なるほど。まぁ、300km/hでかっ飛ばしてるくせに事故脱線が多発してるかどうかでの設計思想の違いだが。
日本の車両は「いかに事故に繋がらないようにするか」という思想、欧米の場合は「万が一の事故の際、いかに被害を最小限に抑えるか」で製作

あくまでも筆者の意見です
天井のハッチか。さすが史絵ちゃん、目の付けどころが素晴らしい!
「事故を未然に防ぐことも重要ではあるが、鉄道車両製造会社や鉄道事業者には、この欧米の事例を参考に、天井部の避難ハッチ設置を検討してほしいと思う」
避難用ハッチ?逆に危険じゃないか?
電車の場合、架線もあるわけで…諸条件を考えれば設置は難しいと思う。
避難用ハッチ…必要かなぁ?🤔
視点は良かったんやけど
日本は、腐食するからって、理由で、穴開けたがらないんよなぁー側面に昔からは、非常口もあったけど埋めたから
天井も、通風器取ったぐらいやから
やっぱり、日本は安全神話がお好きなようで。。。
万が一に備えることは、何事でも重要。
日本の列車にも、天井にも脱出用ハッチを義務付けすべき!!
50キロくらいまでは減速できてたのね…
:鉄道ジャーナリスト
一応ハッチはありますけど...用途は違うか。
尼崎脱線事故後、JR西はこの観点から車両設計をしている。天井ハッチも期待したい。
「日本の車両は「いかに事故に繋がらないようにするか」という思想のもとに車両が製作されているが、欧米の場合は「万が一の事故の際、いかに被害を最小限に抑えるか」で製作されており…」
これどういう計算で第4種踏切が危ないことになってんの?
@shierail この記事↓の中で、


「列車の乗客も30名以上が重軽傷を負った」とありますが、重傷者は何名でしょうか?私はこの事故についてのニュースをたくさん見ましたが、乗客は全員軽傷という報道しか有りませんでした。
まだ一週間しか経っていないのに、記憶から無くなりつつある。忘れたらいけない。(もちろん千葉の事も大事)
欧米では非常用ハッチだけでなく、ガラスを割るためのハンマーも車内に設置されてる。輸入連接バスだと日本にも設置されてる。
100:0ではなさそうだという傍証が出てるのに、トラックの落ち度は明白だって言い切っちゃっていいの?
天井ハッチは新潟の連接バスにあったで

記者は鉄道ジャーナリストを自称してるけど頼りないな
- ダイヤモンド・オンライン/ (9/12 6:03) …9月5日午前11時40分頃、京急の脱線事故が起こった。1両目にいた乗客によると…
先日、起きた京急脱線事故。乗客脱出時に見えてきた問題とは何でしょうか?鉄道ジャーナリスト・渡部さんの記事が参考になります。
以上

記事本文: 京急脱線事故の教訓、乗客脱出を困難にした日本の鉄道の「思わぬ盲点」 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

関連記事